777緊急事態宣言に伴う飲食店の営業時間短縮で打撃を受けた取引先に、最大40万円の一時金が支給されることが12日、決まった。





・一時金も「焼け石に水」 都内の飲食店取引業者 緊急事態宣言



 酒や氷を卸す業者からは、給付を評価する声が上がる一方、苦境を乗り切るには到底足りないとの本音も漏れた。

 東京・銀座や赤坂のバーやクラブ約800店に氷を納入する「飯倉商会」(港区)。3代目の町田和之さん(57)は「ありがたいが、焼け石に水」と冷静だ。1月の売り上げは1年前と比べ500万円以上落ち込むという。

 家賃や配達車両のリース代など毎月600万円の固定費がかかる。先行きが不透明な状況に「これで『支援はした』と片付けられてしまっては困る。事業規模に応じて柔軟な対応を」と訴えた。

 居酒屋や宴会場に酒を卸す「佐々木」(新宿区)の佐々木実社長(66)も「気持ちはうれしいが従業員は70人。1回限り40万円では足しにならない」と苦笑する。


・飲食店取引先に一時金支給 最大40万円で調整 



・時短による損失と、そもそものコロナ禍における売上減少を同列に語っていませんか。
時短で減った分の客数や売上げの補償(全部である必要はない)なので、全体の数としては、プラスになっている事業者が多いのが事実です。
コロナ禍で、8時以降の営業利益が毎日6万ある店なんて、全体の何%なんでしょうね。緊急事態宣言中ならなおさら。

・テレビをつけると毎日飲食店が悲鳴、6万では足りないなど同じ放送ばかり。困っているのは飲食店だけではないし、何故飲食店ばかり助けなければいけない。焼け石に水でも貰えるだけいいではないか、貰えないところのことも考えろ。

・焼け石に水は当然わかるが・・6万円で潤う店舗もあるはず。
飲食業界全体・地域全体等で・・感染対策不十分店舗等に対する普及活動・注意活動等はしているのでしょうか???
個人店舗の対策だけでは無く飲食業界全体での行動も大事だと思う。

・飲食店との取引業者  一部生産者もいるだろうが大半は卸売業者 販売が減少すればサヤは少なくなるが仕入れを減らせばいい  一番困るのは生産者だろう

・確かに厳しいでしょうね。バブル崩壊の時も中小企業の多くが消えていきました、其れから徐々に建て直し現在が有る訳ですよね。
感染者が減少すれば消費は戻りますがコロナが減少しない限りは経済も下降し続けるでしょうね。

・焼け石に水、と言っても、ではそれ以上出せるのか、または出すべきなのか、と言われると疑問符が付く。
確かに未曾有の出来事ではあるが、リスクというのはこんなものであり、自由経済の枠組みは維持しないといけない。
生き残りは自分たちで図るべきで、まるで自分たちの会社を生かすのは政府の責任かのように述べることには違和感あり。
最後は生活保護というライフガードがある。

・今の会社に勤めてから7年目に入りますが、7年の間、会社の近くにずっと閉まってた居酒屋があります。 1日も営業してるのを見た事はないです。   なのに、急に「2月7日まで休みます」 と張り紙してありました。

・飲食店とその周辺にだけ補償金と称して税金ばらまくの反対です。緊急事態宣言しても、飲食店には自由に営業させてあげてください。そのかわり補償金なしで。国民にははめはずさないように自粛要請してください。今後予想される飲食店に税金配るための増税なんて嫌です。

・賃量がバカ高いところに店を出して、客が来なければ支援が足りないと叫ぶのか。
一律給付には大手をふって賛成とは言わないし、貸付ならまだしも、経費ベースでの給付金は反対だわ。