ftrその余波はこの会見では収まらず、実際に12月14日に行われた相方である児島一哉のスマホアプリのPR会見に、渡部の『ガキ使復帰』をスクープしたスポーツ紙3社と複数の雑誌が会見場に入れなかったようだ。




・渡部建の事務所が『ガキ使復帰』報じたスポーツ紙を出禁にした背景



双方の思惑がぶつかり合い、会見の出禁にまで発展した今回の騒動。そこで、渡部の所属事務所にスポーツ紙などの“出禁”について聞いてみると、

「複数のスポーツ紙、そしてFRIDAYさんを含む週刊誌の何誌かを会見の取材拒否としたのは事実です」

とした上で、こう続ける。


・一部スポーツ紙が出禁になったイベント



「渡部の件について聞いたことをスポーツ紙さんや週刊誌さんが書くのは仕方ないと思っているんです。ただ、一連の報道で大変な思いをさせられました。我々も人間ですから、心情的にもそれらの媒体さんについては、(PR会見に関係していた)広告代理店さんとも話し合いをして、外させてもらいました。まあ、感情的な問題ということもありますよね」

ただ、一部媒体を出禁にするというのは、世間的に見れば圧力だと捉えられかねないのではないだろうか。

「われわれの業界ではあることですし、世間がどう思うかはわれわれがどうこうとは言えません。ただ、普通の企業でもそういうことはあるのではないでしょうか」

ちなみにFRIDAYが出禁になった理由は、渡部への直撃取材の際の事務所への連絡ミスが原因とのこと。それにしても、出禁処分も覚悟の上の週刊誌ならいざ知らず、プロダクションと良好関係を築いてきたスポーツ紙にとっては、今回の対応は寝耳に水だろう・・





・不倫をしてしまったのはまあ百歩譲って仕方なかった事として、なんで発覚直後に謝罪会見をやらなかったのか未だに不思議だ。
過去にいくらでも火消しの事例があっただろうに、その中に黙って雲隠れしておけばいずれ世間は忘れてくれるなんてものがあったか。

・さて中村芝翫を報道各社が渡部くらいに叩くか見ものですねえ
中村芝翫は結婚記念日に二回目の不倫で、ある意味渡部より悪質ですからね

・人力舎の対応能力不足につきる。あまりにも、お粗末だし、あまりにも短絡的。今まで、このようなことがなかったアットホームな会社と言うことはよく分かったが、危機管理能力が低すぎると思う。

・書いたスポーツ紙やフライデーよりも、情報を漏らした日テレサイドの誰かの方が問題だと思うけど。

・あのスクープはやっぱり関係各所を敵に回しても仕方が無いと思う。
でも、その覚悟があったから記事にしたと思ってました。

・今後この出版社の雑誌を含めた全部の出版物で人力舎所属している人の記事が載らなくても構わないって覚悟なのかな?
映画やドラマなんかも含めて人力舎の芸人が出ているのでこの出版社の特集記事ではこの作品は扱えませんとかなったらキャスティングの段階でものすごい凄い痛手だと思うけど…
そんなに渡部に価値はあるのかな?なんて思えてしまう。

・渡部の所属事務所って本当にマネジメントが下手くそ。渡部の謝罪会見の際にもそれは感じたけれども相方の児島さんの商品PRの会見から閉め出すってどうなんだろう。
元々、倫理観の欠如した行動をした渡部が悪い。加えてあれほどレギュラー番組を抱えていたのに謝罪会見一つせずに突然ペラ1枚で活動休止。
すごく卑怯な印象を持った。
ほとぼりが覚めた頃にしれっと復帰を企てたり戦略のない会見を開けば集中砲火も眼に見えている。
センスのない事務所だと思うよ。

・スマホアプリの宣伝なんだから、沢山の報道機関に宣伝してもらった方が、スポンサー側としては良いと思うんですが?
こうなってくると、事務所の人力車のタレントを使いたがらないスポンサーが増えるのでは?
自分で自分の首を絞めてる気がする。

・渡部云々よりも、プロダクションと芸能事務所の関係が気持ち悪い。全体的に時代遅れな内輪感が強く、出てくる話は一般市民にとってなんの価値もないにも関わらず、全てのマスコミが報道するので目に入れざるを得ない。