gyyy講談師の神田伯山(37)が15日放送のTBSラジオ「問わず語りの神田伯山」に出演し、「オリエンタルラジオ」中田敦彦(38)との共演〝裏話〟を語った。




・神田伯山 オリラジ中田と〝一触即発〟!「キンコン西野と同じ枠」「全部の方向性が金」



 17日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」で、旧知の落語家・瀧川鯉斗とともに出演。中田のユーチューブを毎回見るほどファンで尊敬していることから、伯山が中田の出演を希望した。本番では芸歴が一番下にも関わらずなぜかMC的な立場を任されたが、序盤はうまくできた手応えがあったという。

 しかし収録が1時間を超えたころからあまりの長丁場に「飲んでもないのに、いきなりくだ巻き始めた」という伯山は「この3人が仲良く話してるのは、僕の客さんが見たらほほえましく思わないと思うんですよ」と切り出し、なぜか陰口合戦に。


・2021.01.15 問わず語りの神田伯山



 さらにおのずと、その矛先は中田にも向き「中田さんってキングコングの西野(亮廣)さんと同じ枠だと思ってるんですよ」「芯ではないと思いますけど、あくまで〝側〟で見た時、全部の方向性が金なんじゃないかなって」と〝口撃〟。

 中田は笑顔のまま反論していたというが、さらに伯山は「吉本のトップの人って何人かいらっしゃるじゃないですか。その人を超えようという時に、多分、中田さんという方はどっちがお金持ってるかってことで勝負してるんじゃないですか? 僕は芸で勝負したいんですよ。最終的に〝あの芸にはかなわない〟ってところで芸人は頭下げると思うんで…」と畳みかけたという。





 その際、もちろん中田も周囲も「冷ややかな感じ」に包まれたといい「よく言えたな俺! 来ていただいてるのに!」と大反省。

 中田に毒を吐かずに終わると、自分のファンが失望するのでは?と勘繰ってしまったとか。収録終了後の記念撮影では中田から小声で「これで最後のテレビなると思う」と告げられたといい「あちゃ~、ごめんよ。最後の最後までテレビにいい印象与えられなかった」と謝罪した。





・>その人を超えようという時に、多分、中田さんという方はどっちがお金持ってるかってことで勝負してるんじゃないですか? 僕は芸で勝負したいんですよ。

これは核心ついてるね。
そうだよ、目標を「あの人の収入を超えること」に置いてるんだ。あの人より面白くなりたい、じゃない。

・まぁあっちゃんは元々手っ取り早く人気者になりたくて芸人になった人だしね。
だから笑いの道じゃ上には勝てないとドライに判断してテレビからYouTubeに移った。
芸の求道者、というタイプではないね。

・お金うんぬんはわからないけど、あっちゃんと西野は同じ匂いがする。
持論をワーワー言いまくり論破したがる。
ように見えてます。
だけど、彼らはより自分を俯瞰して見てるんだろうなと。だからあれだけの喋りにもなるんですよね。枠で言うなら、サロンとか言いたがる人種の人達。カフェでパソコンカチャカチャやってる人とか、仕事の電話を大声で話す人とか
きっと俺達は勝ち組とか言ってそう。

・神田伯山は芸人だけど 西野と中田は芸人じゃなくてカルトの教祖になりたい人でしょ
やってることが自己啓発セミナーの手法

・そもそも中田は官僚や商社就職より儲かるという判断で芸人になったからな
これも昔と違って芸人が稼ぐ場が広がっていることが大きい
貪欲に稼いで税金の安いシンガポールに移住するのも自由だと思うけど、向こうで何かあっても日本には帰ってくるなよって思う

・同じ枠だと思うけど、根本にあるのは「金目的」というより、「オレ様すごい!」「オレ様が成功したのは俺様一人のものすごい才能の力!」というオレ様主義じゃないかな? 
マネージャーや業界関係者や、成功を裏で支えてきた人も大勢いたとおもうんだけど、あんまり考えてなさそうに見える。

・西野さんはまだ、必要とされる場では芸人としての自分にシフトしていると思う。
ただ、あっちゃんはもう芸人ではないと思う。
何一つ面白くもないし、そもそもお笑いなんかもうどうでもいいのでしょう。
今となってはスマホの中の人。

・シンガポールに移住するのも、年間の半分以上は住んでいないと税金を
シンガポールで安く払うことができないから・・
「脱税じゃない脱税」と言われているぐらい日本に比べたら所得税の%が
少なくなる。

・別に俺はどちらのファンでもないんだけど、神田伯山は講談が上手いのは分かるんだけど、毒舌家として展開するにはキャリアが浅いというか無理がありすぎて、伊集院光とかに敬遠されてるのもその変が理由だと思ってる

・まあ芸で勝負出来なかったからYouTubeとか事業とかに転換したんでしょ?
そもそも本人たちもはっきりそう言ってるしね。
中田はテレビでレギュラーが無くなって実力を思い知らされた、西野ははねとび終わりにこれだけ売れても先輩の足元にも及ばないと落ち込んだと。
実力のなさを認めて諦めて、違う山を登る決断ができる2人はえらいと思うよ。

・伊集院と共演NGの一件を思い出して、こないだ太田光とやったラジオ聞き直したけど、結局今回の件と根の理由は同じ気がする。
神田伯山のラジオも聞き直した。笑い声に流されて、何となく面白い感じの話に仕上げているけど、正直笑えない箇所が幾つもあった。
額面通り言葉を受け取っていると怪我する事も多い現代で、僕の本音はこっちなんだから、あの時の事は許してね、というのは、少々無理がある言い分だと思う。謝罪の仕方も中途半端だったし。