fesyh弱ったへずまはコレコレ氏を通じて“引退”を宣言。同氏も「もう一切ネットに浮上することはないそうです。更生中ということで罪を背負って頑張っているところなんで、そっとしといてあげてください」と付け加えたが…




・引退報道のへずまりゅう LINEからにじみ出る「変わらぬ本質」



そうは問屋が卸さない。迷惑系ユーチューバーとして散々トラブルを起こしておきながら、いざ自分が迷惑行為の“被害者”となるや「そっとしておいて」というのは、いささか都合が良すぎる…と受け取る人がいたようだ。ネット上でも《特大のブーメランを食らったな》《人の痛みを知れ》《当然の報いだ》など批判的な声が圧倒的だ。

そもそも“引退宣言”自体がキナ臭すぎる。コレコレ氏が明かしたへずまのLINEで引っかかったのは「更生の邪魔はしないでください」「迷惑系という活動に限界を感じました」の二カ所。前者はどことなく身勝手行為を連発してきたへずまの“変わらぬ内面”があぶり出されているように思う。


・引退報道のへずまりゅう被告





後者はユーチューバーとしての活動に限界を感じたのではなく、あくまで「迷惑系」に先がないということ。コレコレ氏との間で何らかのアングル(仕掛け)が決められ、新たなキャラクターを引っさげてネット社会に舞い戻ってくる可能性は十分ある。

「もともとへずまは、すぐに『辞める』『終わりだ』というタイプでした。『更生』というワードを全面に押し出していることにも違和感を禁じ得ない。現在、事件の公判が行われているが、区切りがついた段階でユーチューバーとして再スタートを切る可能性がある…と見られてもおかしくはないですよね」(スポーツ紙記者)

へずまに対しては「NHKから自国民を守る党」党首の立花孝志氏がかねて格闘技戦のオファーを送っている。政界関係者によると

「立花氏は昨年2度の素人格闘技大会を主催している。コスプレグラドルやユーチューバーも参戦しており、そこにへずまがいてもおかしくない。彼は高校時代にレスリングで国体出場経験があり、吉田沙保里さんと合宿で対戦し『1本だけポイント取れた』と公言。激ヤセがウワサされるが、それは単に“鍛えているからでは?”という意見もある」・・





・そもそも社会人として会社等で働く能力がないから行き着いた先が迷惑系YouTuberだったんだと思う。かと言って周りが煽りのも違うし、マスコミが今後は取り上げなきゃいいのに。

・ほとぼりが冷めた頃勝手に名前変えて同じような事やっていると思う。マスコミが取り上げたりして別に相手にしなければ良い。そうすればまた同じ事しても迷惑行為で一般人が警察に捕まったってだけだから。

・こんなところでニュースとして取り上げるのは、本人としては願ったり叶ったりではないだろうか。いっさい相手にしないのが1番だと思うのだが。

・引退するなら普通黙って消えていくものですけどね。LINEで周りに言っている段階で怪しいですね。「メンタルがボロボロです」なんて自分がやってきた悪行から考えると自業自得以外の何物でもないでしょう。

・一般人からすれば彼の存在は迷惑で不快な存在だが、マスコミやメディアからすればおいしいネタだから何かしでかすのを期待してるのでしょうね。

・「迷惑系YouTuberの限界を感じた」って部分に違和感が。
「自分は迷惑系を演じてたんだ」って、責任転嫁してるように聞こえる。
本質は変わらない、その通りのような言葉。

・まさに因果応報という言葉が当てはまるな。
反省してるとか罪を償うとかはどうでといいけど、自分が他のYouTuberにしたことを今になってされてもっと後悔したらいい。ヤツにとって刑務所入るとかよりもそれが1番効くやろう。

・山口県で、生鮮食品売場のバイトらしいけど、やらかして来た犯罪を聞くと、こんな人物が食品を扱う店は、衛生管理上不安で買い物出来ない。
雇うなとは言わないが、レジならともかく直接口に入れる品を扱う売場に適正ではない。