777過激な人生エピソードをネタにするお笑い芸人、チャンス大城(45)が20日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」にドッキリのターゲットとして登場した。



・「水ダウ」で放送自粛ネタ発生…ヤクザドッキリで芸人が衝撃告白し



 企画「ドッキリバージン芸人 人生初のドッキリだったら多少粗くてもすんなり引っかかる説」の検証が行われ、アインシュタイン・河井ゆずるが、阪神・バースのユニホーム&ヘルメット姿で現れた“外国人医師ランディ”による人間ドックを真顔で受け、白い煙が出る謎の麻酔吸引にも応じるなど、説が立証されていった。


・水曜日のダウンタウン

 大城にはさらに激しく、粗めの罠が仕掛けられた。

店で仕事のネタ撮影に応じていると、「うるせーな!」と激怒した190センチのヤクザと、150センチの親分が現れ、親分を笑わせるネタをやれと命じられ、最後は強面の親分がクスッと笑ってしまい無事解放されるドッキリが展開された。



 ネタ明かし前に、大城は全く疑わずに恐怖を振り返ったが、「僕ね22年前にも拳銃を…」とまさかの告白を始めた。

番組ではナレーションで「その詳細はあまりにもテレビ的じゃないので今回は割愛」とカットしていた。





・まあいいにしろ悪いにしろ、今のテレビ番組でこの水ダウくらいだな、責めてるのは。
ホントに最近のテレビはどこを見ても芸能人がゲームやクイズをして、自分達だけで楽しんでる番組ばかりでうんざりしてくる。

・これぐらい攻めた笑いがなければ面白くない。
水ダウだけは残ってほしい番組。
優等生番組ばかりだからテレビ離れになっている。

・チャンス大城さんは現代のニーズに合うように少しだけ進化したジミー大西さんでしょう。

・めちゃくちゃな時代生きてきとるよ、チャンスはさ。というか、めちゃくちゃな土地に、だね。……
・まあ確かにチャンス大城の過去のエピソードはシャレにならんからな。テレビではとても放映できない。カットされるのもわかるわ

・チャンス大城さんが「怪談肝試しクッキング4K」っていうネット配信番組で言ってたエピソードかな?
西成の映画館でバイトしてた頃の常連ヤーさんが実は同性愛者で、その人からのデートの誘いを無視したら後日呼び出されて拳銃で脅されながら後ろからアァーーーーーされたって話だったと思う
その番組でもオチの下りでスタッフから注意が入ってたけど、TVよりは緩いからな

・責めてる番組がこれしかないから、芸人さん達も少しおかしいなと感じたら水ダウだと思い始めてると思う。そうなってしまうとドッキリ系はそろそろかな?と感じます。視聴者としてはまだまだ続けて欲しい番組なのでスタッフさん頑張って下さい。

・この話は少し調べて出てきた。なぜかチャンスの話は本当なんだろうなぁ、と疑っていない。(笑)
個人的には山に連れさられ、埋められた話が笑った。


・【チャンス大城のテレビでは流せないテレビ】 #15 六甲山に埋められた話