bhy8民放キー局ディレクターが話す。「恵俊彰さん(56)がMCを務める『ひるおび!』の“打ち切りが決まった”という話がTBSの一部で流れているんです。どうやら今年10月の秋の改編期に終了する方向で調整が進められているという話でして……」・・




・TBS『ひるおび』今年10月「打ち切り」情報!恵俊彰はゴールデンも…!!



 昨年まで『ひるおび!』の平均視聴率は9年連続で同時間帯のトップを維持しており、視聴率は決して悪いとは言えない。

それほど視聴率が悪くはない『ひるおび!』の打ち切り説について、前出の民放キー局ディレクターはこう話す。

「よっぽど大きなトピックスなら別ですが、『ひるおび!』で芸能ネタを扱うことはほとんどありません。それは、MCの恵さんがやりたがらないからだと言われているんですよね。ただ、お昼のワイドショーや情報番組では、やはり芸能ネタが圧倒的に強いんです。

 それは坂上忍さん(53)の『バイキングMORE』(フジテレビ系)が好調なことからもうかがえますよね」


・ひるおび!



これまで『バイキング』や、昨年秋にスタートした後継番組の『バイキングMORE』では、芸人の闇営業問題やアンジャッシュ・渡部建(48)の不倫スキャンダルなど、積極的に芸能ネタを取り扱ってきた。

 1月25日の番組でも、ゆきぽよ(24)と親密な関係にあった男性が彼女の自宅で薬物を使用して逮捕されたというニュースや、石田純一(67)がコロナ禍に大人数で会食を行っていたというニュースを取り上げた。

「その方針が功を奏し、大きい芸能スキャンダルが出た際には『バイキングMORE』は1人勝ち状態になるほど数字がいい。一方、『ひるおび!』は芸能ネタはほとんど取り扱わず、硬派な政治や経済ネタをメインに扱います。

 それが『ひるおび!』を好む視聴者には支持されているのでしょうが、この時間帯にテレビの前にいるのは、やはり芸能ネタ、スキャンダルのほうに興味がある人のほうが多いということでしょう。また、テレビ各局の評価基準がコア層と呼ばれる13~49歳の個人視聴率に移行していますが、まだそれほど年齢がいかない主婦層が興味を持つのも、政治よりもやはり芸能スキャンダルの方ですよね」(前出の民放キー局ディレクター)・・

・詳細はソース