gtテレビ局関係者によると「森さんの騒動以降、報道・情報番組内で使う表現には細心の注意を払うようになった。『女性必見』という言葉すらも危うくなっている」と“異変”を明かす・・



・森喜朗・二階俊博の「失言メドレー」が芸能界にも伝染中…?



そんな流れの中、視聴者の見る目も変わった。早速、ネットで批判されたのが“大御所”関口宏だ。21日、司会を務める『サンデーモーニング』(TBS系)で、評論家・大宅映子氏の発言を「男性にも喋らせてあげてください」と遮った。

橋本新会長の話題で、大宅氏は「男と女は地位として平等なんです」と断言し「平等が確保されていて、競争が認められていたら、結果に差が出るのは当たり前」などと持論を展開。すると関口が「分かりました」と言葉を挟み、なおも話そうとする大宅氏に、

「もうだいぶ力が入っておりましたので、男性にもしゃべらせてあげてください」

と遮った。ネット上では「森喜朗と一緒」「女は話が長いってことか」との指摘が相次いだ。





ビートたけしもちょっと危うかった。20日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)に出演し、テニスの全豪オープンで優勝した大坂なおみを祝福したまでは良かったが、準決勝で対戦したセリーナ・ウィリアムズについて、

「雄たけびが『うおぉぉ』って、スゴいね」

といったあとで、動物の群れみたいで、ビックリしちゃったと述べたのだ。たけしにとっては冗談のつもりだったのだろうが、司会の安住紳一郎アナウンサーの顔色は変わり、たけしがそれ以上突っ走らないよう、すぐに次の話題に移った。

「いまは過敏に反応する人が多いので、やはり発言にはヒヤヒヤします。以前はたけしさんの“独演会”がウリでしたが、このご時世、不用意な発言は番組にとってもタレントにとっても命とりになりますからね」(TBS関係者)

森氏らによる「失言メドレー」は芸能界の大御所コメンテーターの肩身も狭くしているようだ・・





・発言は不用意だと思いますがそういうことに敏感に批判ばかりの輩の方も怖いし不適切ということなら失言した側とそんなに大差ないと思う。
考え方の押し付けと人格否定が過ぎると収拾つかない。

・差別的な発言は良くないですけど、記事にある発言は、そこまで言う事なのか?
男女両方に言える事ですけど、発言一つ一つに「それは差別だ」と、なんか揚げ足取りばかりで逆につまらなくなっている。
もちろん発言する側も差別的にならないように言葉を選ぶ必要はあるけど、結局、受け取る側がどう感じるのかだと思う。

・>森氏ら〝老人〟による「失言メドレー」は芸能界の大御所コメンテーターの肩身も狭くしているようだ。


「女性」というカテゴリーで区分して、「女性とは」「女性だから」「女性なのに」みたいな表現を公にするのが差別。
であれば、フライデーが「老人」というカテゴリーで区分して論じるのも差別につながってしまう。
つまり、根本を理解していないものが偉そうに記事を書いているのが日本の現状なんだろうなと思う。

・雄叫びについてですが、これは女性に対して勇ましいような評価をすることは不適切だと言いたいように感じます。
でも正しくジェンダーフリーの観点から見るならば、性別に関係なく勇ましいような評価をすることはむしろ歓迎されるべきでは?
最近、女性を腫れ物のように扱うことがジェンダーフリーなのかと思うような論調が多いのではと感じます。

・公人の公式場面での共生社会の原則を否定するような発言は、もちろん強い批判を受けて当たり前だけど......
誰もがそういう偏見的な視点を抱えている。これは、政治家や芸能人に、高齢者に、男性に、限った問題じゃない。

・同じ失言でも政治的な立場で発言する方と、ニュースやワイドショー番組でコメントする人では影響力や聞いた人の感じ方は違うようには思います。
ただこうなってしまうと良く聞く「男の人って〜」「男性の場合〜」的なフレーズもメディア発信では禁句の部類になるんですかね…
皆さんが揚げ足取りの応酬で、そもそも何の議論をしていたか?わからくなるような番組にはならないことを祈ります、って感じです。

・「女性の話が長い」が謝罪しても許されないレベルなら、芸能人にはかなりの人が処分されなければいけないでしょうね。森さんの失言を執拗に批判し続けた芸能人や評論家たちも過去に女性蔑視と言われてもしょうがない発言をしています。当然、謝罪+番組降板ですね。「人に厳しく自分に甘い」は何も立憲民主の専売特許ではなく、芸能人にも当てはまります。関口、坂上、たけし、東国原、他にも多数います。もちろん知ってて放置し続けるマスコミも連帯責任です。