fdgg元SMAPの香取慎吾(44)が俳優として、タレントとして正念場を迎えている。





・香取慎吾がオワコン化…「アノニマス」打ち切り危険水域、ジャニーズ庇護なし実力が露呈



 現在、主演を務めるドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレ東系)が視聴率的に危険水域に突入しているのだ。

ドラマはSNSなどでの誹謗中傷の撲滅を目指し、市民からの相談に乘る専門部署として警視庁に新設された架空の「指殺人対策室」を舞台にしたオリジナルストーリー。


・アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~



「ドラマの視点は良かったが肝心の視聴率がついてこない。初回こそ7・3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区=以下同)でテレ東の月曜22時の“Biz枠”で歴代1位の視聴率と持てはやされたがその後は低迷。第2話5・7%、第3話6・0%、第4話5・7%、そして直近(2月22日OA)の第5話は4・7%とついに5%を切ってしまった。他局ならば打ち切り対象です」(ドラマ関係者)

 いまやドラマ関係者の間では「香取ではもはや視聴率は取れない」と密かに囁かれているという。

「過去主演したドラマでも、『SMOKING GUN~決定的証拠』(2014年フジ系)は7・4%、『家族ノカタチ』(16年TBS系)も9%。単発ドラマ『ストレンジャー バケモノが事件を暴く』(16年テレ朝系)も7・5%。主演映画は『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!』や『ギャラクシー街道』が映画史に残る惨敗を記録した。実は以前から香取が数字を持っていないのは明らかなんです」(キー局編成関係者)





 さらにこんな話も。

「香取がこれまでどうにかやってこられたのはジャニーズ事務所の庇護があったからですよ。一転、独立後はジャニーズ事務所の圧力で地上波に出演できないことをアピールしてきたのだが、この“お情け商法”も限界に来ている。厳しい言い方だが、ジャニーズだろうが元SMAPだろうが一切、関係ありません」(前出の編成関係者)

 ショービジネスの世界においては、結果を出せなければ酷評されてしかるべきとこの関係者は言うのだ。

「残念ながら香取は俳優としてはその域に達していない。最近は、体重管理も出来ていないようです。自分に対して甘えが出ているのではないか」(ドラマプロデューサー)・・





・テレ東のドラマの視聴率ってこんな感じじゃないの? 評判が良かった「共演NG」だって似たような視聴率だったよ。

・なんだかマスコミの冷たさにゾッとします。
芸能人を標的にしてボコボコに叩くやり方は心が痛みます。

・ではそもそもテレ東のドラマで危険水域じゃないのが過去どれくらいあったのか。ドラマ不振を主演俳優のせいにしては可哀そう。そもそもドラマがつまらないのに主演俳優の人気で視聴率を取るのは不健全。エンタメ発展のためにならない。

・ある意味、これも圧力ある偏向報道だな

・テレ東のこの枠のドラマで視聴率一位で打ち切りってロジックが破綻してる

・香取は明らかにオワコンではない。オワコンなのはテレビの脚本。どれも似たような刑事か恋愛か医療ドラマばかりで飽きを通り越してる。『凪待ち』のギャンブル依存症の役どころの狂気的な演技は素晴らしかった。稲垣も最近クリストファー・ ドイルの映画に出て素晴らしい演技をしてる。

・確かに、痩せたらカッコいいのに勿体ないとは思う。
本人は役者としてやっていこうとは思ってないんじゃないのかな。
バラエティでテレビに出てる時の周りを明るくする力は凄いと思うし、実は歌で思いを伝える力もSMAPでは一番あったと思う。