666なぜ拓真の不倫はワイドショーなどで取り上げられなかったか。ひとつには兄に比べて知名度が低いというのもあるが、もうひとつ決定的な理由がある、と情報番組のディレクターを20年以上やっているテレビマンが語る。



・【片岡 亮】井上尚弥の弟・拓真のドロ沼不倫、テレビのワイドショーがほとんど報じない「驚きのワケ」 じつはこんなカラクリが…



「今回の不倫ゴシップ、ひとつの週刊誌しか報じていないからです。多くの情報番組ではゴシップなどを扱うとき、番組自体へのリスクを避けて、一部メディアしかやっていないものはなるべく取り扱わないんです。もしスポーツ紙が一斉にやっていたら大小の規模は別として間違いなく取り上げたと思いますよ」

つまりワイドショーは、他のメディアの顔色を見て判断しているということ。だから扱うときは集中砲火になり、扱わないときは一斉無視になりやすいのだ。では、どうしてスポーツ紙が拓真のゴシップを扱わなかったのかといえば、これはスポーツ紙のボクシング担当記者が、「兄・尚弥の取材がやりにくくなるから」と言った。


・話題となっている 井上拓真選手の報道





「ボクシングを扱う運動部から芸能記者のほうに「これは無視で」とお願いすることもなく、芸能面のほうが独自に『やらない方がいい』と判断してますね。マスコミがもっと大騒ぎしたら無視できないですが、できたら井上兄弟とは良い関係でいたいので。井上兄弟の取材に行っても、この件は禁句みたいなもので誰も質問したりしないでしょう」

兄の人気がかなり高いため、天秤にかければ、「尚弥の記事が載る」ほうが「拓真の不倫記事」より価値が高いのである。もっとも、それでも「週刊女性」の記事のインパクトは大きく、ファンの間では知れ渡っているから拓真の人気の低下は否めないだろう。ボクシング界も処分せず、マスコミのほとんどが黙殺していても、そこを背負うのがプロの宿命だ・・





・よく亀田兄弟と比較され雲泥の差と思っていたが、ある意味では家族を大事にする亀田のが余程いい。
合宿に同行した不倫相手を排除できなかったのが失敗だったとあるが、
信じ難いな、さすがにこれは。
皆が知っていたということや、出産日も女といたとかも。
しかし、マスコミのダブルスタンダードはどこまでも続く

・相手がある事だから双方に問題あるけど、結婚出産に対して 奥様や子供の人生を何だと思っているのかね。本業でも道半ばで、結局は兄頼りの生き方しか出来ない男だね。

・取り上げない一番の理由は拓真、だからだろう。
それ以上でも以下でもないと思う。
一般的に井上拓真と言っても、ボクシング好きではない限りあまり知られていないと言うのが
本当のところだろう。
そう言う意味では話題性がないと思う。
いちいち井上尚也の弟、拓真と見出しを出すのも正直いただけないからではないか。

・この件に関しては、まず井上拓真という人は、男としても、人としても最低だと思った。亀田一家が凄く非難されていたが、内容が違う。この井上拓真の件は人間性を疑うような内容。男らしさをみじんも感じない。不倫をしたどうこうより、人として終わっていると思う。

・これただの不倫じゃなくて、ボクシングの合宿にも不倫相手が帯同してるのが意味わからない
家族ぐるみで不倫を認めていたってことになるし、そもそも拓真に不倫相手を紹介したのが尚弥ってのも気持ち悪い

・世界的に知名度があるボクサーと言うのは凄いこと。しかし家族ぐるみで弟の不貞を知っていたとなると外面が良い人格に問題ある人達。これは弟とその女性が一番悪いけど、そして気の毒なのは嫁と子供と女性の元旦那やけどね。皆さん自分の身に置き換えたらどうなのって話し。

・正直、拓真の不倫自体は何処にでもある話で興味も無いですが、合宿に不倫相手の同行を許してたり、母親がシャシャリ出て来たりとお粗末ではありますよね…。
井上尚が不倫相手に間に入ると約束するも一転、半ば強引に関わりを断ち切ったのも、人気絶頂の今イメージダウンはデメリットしかなく、数々のスポンサー契約もあり、周囲(家族・所属事務所等)からこれ以上関わるなとストップが掛かったからでしょう。

・弟が不倫して、家庭を壊しているなら兄や親父は注意して上げるのが普通。黙認して合宿まで一緒にいるとなると井上一家全員 ズレてると感じる  井上尚弥はボクシング強いのに弟を更生される事の出来ない人間力で残念