h55福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件で、知人の女が、母親や3人の息子に対し「食べ過ぎたらいけない」「甘やかさないように」などと指示していた疑いがあることが捜査関係者などへの取材で分かった。



・「子どもに笑いかけるな」5歳餓死、知人女が母にも体罰



指示を守らなかった際は、食事抜きや体罰などのペナルティーを科していたという。

逮捕されたのは、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)。碇容疑者は生活費のほぼ全額を渡し、赤堀容疑者が食事を運んで食べる量を管理していたとみられる。

 捜査関係者などによると、赤堀容疑者は、事件と無関係のママ友を「ボス」と呼び、「ボスが監視カメラで見張っている。怒らせたらいけないので質素な生活をするように」とうそを言って従わせていたという。


・話題となっている 5歳児餓死事件



 具体的には、碇容疑者に対し「子どもたちに笑いかけるな」などと指示。従わなかった際、碇容疑者を屋外に長時間立たせたり、睡眠を取らせなかったりする罰を科した。亡くなった三男の翔士郎ちゃんにも、「留守番の練習」として自宅の部屋で1人にし、無断で外に出たり食べ物を口にしたりすると、食事を与えず、押し入れに閉じ込めたこともあったという。

 碇容疑者は赤堀容疑者を「トラブルを解決してくれる友人」と頼り、「監視されていると信じ、食べ物が与えられないのが怖くて言うことを聞いてしまった。その日を生きることで精いっぱいだった」と当時の状況を説明。赤堀容疑者は容疑を全面的に否認しているという。