gt芸能レポーターの井上公造氏(64)が5日、卓球女子の五輪2大会メダリストの福原愛さん(32)と2016年リオデジャネイロ五輪卓球台湾代表で夫・江宏傑(32)の不倫・モラハラ報道についてある“仮説”を立てた。



・福原愛さん“不倫”&“モラハラ”報道舞台ウラ 有名リポーターが全暴露!



 2人については、まず先月24日発売の「女性セブン」で別居報道があった。その後、4日発売の同誌で不倫疑惑が、同日発売の「週刊文春」では江のモラハラで福原さんが離婚を決意したと報じられた。

 井上氏はこの日、朝日放送の「おはよう朝日です」にリモート出演し、一連の騒動について「いろいろと裏側がある」と明言。まず、江のモラハラを報じた「週刊文春」について「週刊文春というのは2人の熱愛発覚の時にも、結婚の時にもスクープしてるんですね。それだけ結びつきが強い記者がいると考えてください」と指摘した。


・話題となっている 福原愛さんの報道





 さらに「先週『女性セブン』に記事(別居報道)が出ました。それにかなり週刊文春は慌てたみたいなんです。というのも、つながりがあるのに書いてなかったと。日ごろから彼女がプライベートなことを相談するような親しい記者が週刊文春にはいたんです」とし、「今回、このモラハラの話かなり克明に描かれてますよね。僕はこれは福原愛ちゃんがしゃべったと思ってます。もちろん、そうじゃないような形で記事は作ってますけど、本人じゃないと分からない」と分析した。

 井上氏によると、かたや「女性セブン」は別居報道のコメントを取るために自宅を張り込んでいた。だがその流れで偶然、長身のイケメン男性・Aさんとの中華街デートやホテル、自宅での連泊などが撮影できたという。





 その中で注目されるのが、福原さんの〈この数日間ずっと週刊誌の方につけられて気が滅入りそう、、直接聞きにきてくれたらいいのに、、〉というツイートだ。これは、Aさんとの横浜デート&自宅泊のあった先月28日に投稿された。

「これ、女性セブンの記者のことを言ってるんです。にもかかわらず撮らせたってことは、『もうあなたのことは興味ありません』という江さんへのメッセージにも見える。それと、女性セブンが自分たちのことを撮ってることから、急きょ週刊文春に連絡を取り合ってあのモラハラの記事が出来上がった気配があるんですよ」(井上氏)





 井上氏はこの日、朝日放送「キャスト」にもリモート出演。ここでもこの話題を取り上げ「Aさんについて『デートプランを考えた』とか『6~7年前のからの知り合いだった』とか愛ちゃんからしゃべるわけないです。デートプランを考えるのは男性ですから。ということは、少なくともAさんと女性セブンは接触できて、Aさんが何者か全部分かってて、Aさんから話を聞けてるってことです」と推察した。

 つまりは、文春報道は福原さんのリークであり、セブン報道はAさんの証言をもとに構成されているということ・・





・夫の両親に自分の親を介護させ、二人の幼児を海外に残して
既婚者が男性を自宅に泊めるとはどんな言い訳しても通じないよ

・何で夫に子供とお母さんの面倒見させて男と遊んでるの?
実はもう離縁して、子供の親権は夫にあるのだろうか。それにしても実母の面倒を見させているのは全くおかしい。

・愛ちゃんを不愉快の一人になってしまった。
もともと卓球以外で、デレデレした夫婦間は好まなかった。
さすがに子供2人を置いて、独身のような行動に幻滅。
言い訳も見苦しいわ。。

・泣き虫愛ちゃんて言うけど、自分の思い通りにならないと泣いてヒステリーを起こす我の強い子にか見えなかったけど。今回も結婚生活が思い通りにならなくて強行した策略にしか見えない。

・もしもこのリポーターの言うことが本当なら、愛ちゃんはかなりの策士だね。
文春の記者を手駒につかって旦那さんのモラハラ情報を流して、離婚しても仕方ない、不倫してもしなたないと世間が思うように手を打った訳だ。
これは酷いよ、愛ちゃん。台湾のご家族が可哀そうすぎる。
こうやって、馴染みの記者にリークさせたりして、メディアを適当に使う術を覚えて生きてきちゃったんだね。

・この記事が本当なら、愛ちゃんは相当図太い。
離婚したいと思っている配偶者やその両親に介助が必要な自分の母の面倒は任せない。
愛ちゃん、実の母に対して何か思うところもあるのかも。

・高校時代からお盛んでしたからね。
何も驚かない

・テレビは、愛さんを、えらい守った報道ですが、渡部健とかの不倫ではたたきまわってたのに。
モラハラがあろうがなかろうが、不倫はだめなんちゃいますの?