dttタレントでフリーアナウンサーの上田まりえ(34)が月曜~木曜のパーソナリティーを務める文化放送の朝ワイド「なな→きゅう」(午前7時)が26日、2年間続いた番組の幕を閉じる。



・上田まりえアナ『芸能界引退』考え、書店アルバイトの面接へ「名前が知られている人は…」採用されず



予想もしなかった終了に責任を感じ、上田は一時、「芸能界を引退して違う仕事のため就職活動を始めていた」というが、「番組はいろんな“ななきゅうバー(リスナー)”との出会いと自分が抱いた目標をかなえてくれた。終わりを意識したくない」と今、前を向いた上田が本紙に思いを語った。

 昨年11月、番組終了の方針が上田に伝えられたものの、リスナーには明かさず、正式発表は今年1月18日の放送で上田自身が公表した。「モヤモヤ感があったけど、終わりを自分で発表してやっと実感できた」と振り返る。


・なな→きゅう



 「(公表後)リスナーからの反響の多さにびっくりした。『今日より明日、あさってはもっと面白くて良い内容にしたい』と思っていたから、生活、出身、人生がみんな違うリスナーがそんなに聴いていてくれたことには想像力が足りなかった」

 番組に集中し、終了は「芸能界引退」と考えていた。実際、転職サイトに登録し、面接の案内も受け取っていた。大好きな本のことを知りたいと書店のアルバイトの面接も受けていたと告白した。だが、書店では「名前が知られている人は、ちょっと…」と不採用に・・





・バイト断られるほど名前知られてる?
私はこの人が書店にいても100パーわからないけど…。
本当に面接して断られたんならよほど有名人のドヤ感とか威圧感を出してたのでは…?

・アナウンサーという名の自社タレントばかりが今の現状。
ニュースを読むことを主体に採用してないから数年で退社する人が多い。
もうバラエティの進行補助なんてのは止めさせて、ニュース番組で原稿を読むことに特化してもいいと思う。

・5時夢では無駄にプライドが高く、最初は気に入っていたマツコや気さくな木曜陣でもこの人と距離を置いているのが分かったし、
しまいには体調不良と言って当日ドタキャンし、
そこから休みに入ったのにBSやラジオでは元気に登場。
SNSで叩かれるのが辛いと言ってるのにどんどん新たにSNSを始めたり、
内容も匂わせが多く構って欲しい系が多く、色々面倒な人と言うイメージ。

・マツコに懇意にされてMXの『5時に夢中に』アシスタントに起用されるも、恩を仇で返すようにやめちゃってさ...
黙って続けていればそれなりの扱いはされてたでしょうよ。あれが全ての元凶だよ

・アナウンススキルが低いのに、上昇志向や、プライドの高い方という印象でした、切られたラジオの裏番組に出るのも余り好ましく思えませんでした、バイトなんてホントにしようと思われたのでしょうか?

・5時に夢中の辞め方も社会人として印象悪かったし、今回のラジオも終わる時に必要以上に感情的で、あまりメンタルが安定していない人なんだなという印象。5時に夢中の時にも大学院行ってたと思うけど、大学院とか留学とか、また行くことを考えてるのか。悪い人ではないと思うけど、自分探しが長い大人だなあとは思う。

・この人、何で5時夢をやめたんだろう?あの番組をもっと長く続けてれば、知名度も上がったし、フリーとしてもっと成功できたのに。勿体ない。

・普通に書店やコンビニでアルバイトしてるタレントさんいるよ。
アルバイトを断られたって1回やっただけでしょ。本気で探したらたくさんある。
メディアの仕事をしたいから短期間だけアルバイトしたいだけの気持ちがバレたから採用されなかっただけの話。

・実際は人柄で不採用になっただけだと思う。勘違いしている女子アナが多すぎだと思います。大した力もないのにフリーアナになったりね。感覚がズレている。