dfyty「裁判以降、彼から謝罪を受けたことは一度もありません。私たち家族はずっと、息子への謝罪と、息子がいまどんな毎日を送っているのか彼に知って欲しいだけです」・・



・「『やっぱり教習所行こう』の投稿はすぐ消した」若手経営者・辻敬太氏が語った交通事故“被害者との諍い”の真実



 2月4日、Yahoo!ニュースに「車に衝突され、意識不明の息子 9年半介護続ける両親の割り切れぬ思い【親なき後を生きる】」という記事が掲載された。書いたのは、ジャーナリストの柳原三佳氏だ。

 2011年9月に起きた交通事故で遷延性(せんえんせい)意識障害(いわゆる植物状態)となったAさん(27)の家族が、9年半にわたる介護生活と事故加害者への複雑な心中を語ったものだ。記事掲載後、事故の加害者である当時22歳の青年が、人材育成家としてテレビなどでも活躍する有名若手起業家・辻敬太氏(31)であることがネットの炎上から明らかになった。


・無謀運転の被害に遭い、重度障害を負った青年の今



・辻敬太氏



 辻敬太氏は、経営コンサルティングや投資事業を手掛けるEARTHホールディングス株式会社の代表取締役社長。人材育成家として「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)などに出演するほか、地元の関西では「辻敬太のハピジャパ」(KBS京都テレビ)でメインコメンテーターを務めている。「人生巻き込んだ者勝ち」(万来舎)などの著書もある、いま注目を集める若手経営者だ。

 その辻氏が、2月27日には自らYouTubeチャンネル上で事の顛末を語っている。

《事故を起こしたのは事実です。(被害者の)お父さんお母さんに、今も謝罪の気持ちはもちろん、本人にも謝罪の気持ちは忘れていませんし、この10年間忘れたこともないです》(2021年2月27日 辻敬太氏YouTubeチャンネルより)

 文春オンライン特集班は、Aさん一家を取材。そこでAさんの両親が語った10年間の積年の思いが冒頭のコメントだ。辻氏に取材を申し込むと、「全て話します」と辻氏が五反田の雑居ビル8階に所有するコワーキングスペースを指定された・・

・詳細はソース





・話の内容が薄っぺらくて読むに耐えなかったので途中までしか読んでないが反省してる風には読めなかったのと誠意を感じない、そして弁が立つと思ってるんだろうけど色々上手いこと言って正当化しようとしてんなぁと感じた

・あれ訴えますよ。もちろん。家まで行こうと思ってます。だから今調べてもらってます、住所。子供にも挨拶しに行こうかなと。いや、変なことしないですよ? もしいなかったら子供に『お母さんにこれ渡しといて』って手紙渡そうと思ってます、普通にね

何この文章
自分は謝罪にも行かないくせに
本当に腹立たしい男
いずれ人にした事は自分に戻ってくるから

・辻氏の言う「タイミング」とやらって、数十年して被害者の家族が亡くなってから、
「あ~~そろそろ訪れるべき「タイミング」だと思ってたのに~~(棒)」
な感じで、気がついたらタイミングを失っていたということにするんだろうね。

・「そりゃ申し訳ないと思ってますよ。そんなの当たり前じゃないですか」って
まるで反省の態度が見られない。

・今の目立ったもん勝ちのユーチューバーを始めとするタレントビジネスに根本的に問題がある。
こういうところに広告を出す出稿者は、もっと考えてほしい。

・謝罪に来いと言われたなら行けばいい
自分のタイミングじゃないからってのは言い訳
弁護士に行くなって言われたってのも言い訳
本人がどう思ってるか、どうしたいかはどうでもいい
被害者家族からしてみれば謝罪に来てないって事実だけが残る。
本人が誠心誠意対応したつもりでも
相手に届いてないなら意味がない

・他人の一生という人生のタイミングを詰んだ癖に、自分には自分のタイミングがあるというのはどうかね。
もうそこで読むのやめました。所詮そこまでの人なんだなと
どことなく裸の王様なのに気づいてない、うすっぺらい感じもする。
こんなの被害者側から読めば「じゃぁ君の人生息子と同じように詰まさせてよ」って言いたくなるわ。
それで謝罪は10年経過しても、今はそのタイミングじゃないって言えば良いんでしょ?

・予想の斜め上をいく軽薄さだった。この前炎上した幻冬舎のカリスマ編集者もそうだが、若くてカリスマでオンラインサロンとかやっている奴にろくな奴はいない。基本世の中儲けたもん勝ちとしか思っておらず、倫理観が欠如していると思う。