sfdt6存在感が大きいあまり、〝フリーズ事件〟も起きたという。



・「パワハラ報道」「TBSラジオの帝王」伊集院光の存在感の大きさを示す〝代役フリーズ事件〟とは



 現在夏休み中の伊集院に代わり、20日の代打は大橋アナが担当。翌21日の代打は女優・本仮屋ユイカ(34)に決まった。

 本仮屋は、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオの情報番組「ONE‐J」の19日放送中、「伊集院光とらじおと」の21日放送で伊集院の代打を担当するとサラリと触れていた。


・話題となっている 伊集院光さんの報道






「ONE‐J」番組スタッフに、伊集院の代打を務めると内々で伝えると、「スゴいですね!」と喜ばれると思ったそうだが、「ONE‐J」番組スタッフは4秒ほど絶句。「この人で大丈夫か…」と心配するムードが漂ったというのだ。

「『ONE‐J』番組スタッフは、あの伊集院さんの代打が本仮屋さんで大丈夫かと失礼を承知で本気で思ってしまったようです。かつ、パワハラ報道が飛び出した当事者の代打は火中の栗を拾うようなもので、本業の女優業に影響しないかと心配したみたい。いろんな意味で言葉を失い、フリーズしたようです」(ラジオ局関係者)

 当の伊集院は27日に復帰予定。〝帝王〟の発言に注目が集まる。



・伊集院光からパワハラ 新井麻希アナの発言



・このマスコミの伝え方だと、伊集院氏が一方的に悪い印象を与える。
真実は当事者しかわからないが、一つ言えるのは、我々はマスコミの書くことを全て鵜呑みにしてはならない、ということです。
火のない所に煙は立たぬ、と言うが、火を点けるのもマスコミの常套手段ですから。

・本仮屋さんに失礼。
少なくとも代役を本仮屋さんに依頼する事を伊集院さんが了承している訳でしょうに。

・新井さんはスポーツ担当になりたいと言ってTBSを退社したあと、NHKBSでスポーツ情報番組でアシスタントを担当しました。それは同局で放送されている海外スポーツを中心に結果や予定を紹介する番組だったのですが、驚いたのは新井さんが同局で放送されるスポーツ中継を全然見ていないことが、発言や態度から伝わってきたこと。「見てないでしょ」と番組中に言われた事もありました。

・伊集院さんがメインの番組でアシスタントがあそこまで酷いと当然注意すると思う。新井さんの変わりはいても伊集院さんの変わりはそうそういないのだから交代するのは仕方ない。

・新井麻希みたいな変人が4年半も続いたのってたぶんキャリア最長。パワハラどころかむしろ器がでかい。
本仮屋ちゃんの話は多分東スポのでっち上げ。

・別に本仮屋ユイカさんに伊集院さんの技術をもとめてるわけではない。
TBSで冠もやってるし、縁があったんでしょう。
彼女には彼女の良さがあるし別にいいと思う。
新井さんには、やはり降板になる理由があったんだと思います。けっこうよく聴いてたけど、キャリアのわりにお上手とは言えないし、すごくマイペースというか、独特だなと思うことはよくありました。

・新井さんは昨日の放送を聞いても、技術面で怪しいと感じました。
伊集院さんからメッセージも「最後は本人からを話すために短めに」と気を遣っていたにも関わらず、最後はぐだぐだに。
4年間アシスタント務めてきてあんな終わり方でいいのかなと個人的に思いました