fdfee9月末で芸能活動を終了するフリーアナウンサー夏目三久(37)が26日、MCを務める日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」(日曜午後6時)で最後の出演を果たした。



・天の声大塚芳忠「考え直すわけには」夏目アナ「覚悟を決めて踏み出します」



07年に同局に入社した夏目は、11年に同局を退社した後、13年から8年半にわたって同番組でキャスターを務めてきた。

番組中盤、「天の声」を務める大塚芳忠が夏目に「ついにこの日が来てしまいましたね。寂しくなります。えー考え直すわけにはいきませんか?」とむちゃぶり。夏目は「はは…そうですね…」とタジタジしながら「もう覚悟を決めて踏み出します」と決意を語った。

そして「芳忠さんは、この10月から20年目に突入しますね。お体にどうぞ気をつけて、これからはテレビの前で、応援しています。ありがとうございました」と呼び掛けた。







番組冒頭では、ともにMCを務める同局桝太一アナウンサー(40)から「夏目さんは、いよいよ今日が『バンキシャ!』ラストということになりますね」と振られ、夏目は「まだまだ実感はわいていないんですけど、桝さんとは半年のお付き合いでしたけど、なんかすごく濃密な時間を過ごさせていただいたと思います」と話した。

コメンテーターとしてリモート出演した教育評論家の尾木直樹氏(74)も「夏目さんの最後にご一緒できるというのはうれしくて仕方ありません」と話すなど、夏目の卒業を番組全体で盛り上げた。

夏目の後任は、同局後呂有紗アナウンサー(27)が務めることが発表された。