dsawe『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の地上波初放送を前に、フジテレビはアニメ第1期を5つの「特別編集版」にして放送。9月19日に「那田蜘蛛山編」が放送された際、ネット上で〝ある謎〟が注目を集めることに。



・『鬼滅の刃』最大の謎…? 炭治郎の父親に疑問の声「体弱いのに子だくさん」



そんな「那田蜘蛛山編」で最も注目を集めたのは、炭治郎や禰豆子の父親・竈門炭十郎。物語の開始時点ですでに亡くなっているが、「那田蜘蛛山編」には炭治郎が「ヒノカミ神楽」を覚醒させる回想シーンで登場している。また炭十郎が〝生まれつき体が弱い〟という設定も明かされていた。

ここで着目したいのが、炭治郎が〝6人兄弟〟だということ。父・炭十郎は病弱なはずなのに、ずいぶんと子だくさんである。






ネット上にも、

《炭治郎のお父さんの体の弱さと子だくさんの件は何にも言わないでほしい…》
《炭治郎のお父さん、体弱いのに子だくさんなのは呼吸のお陰なんかな?》
《マッマが旺盛で体弱くなった説》
《あんな狭い家なのに、炭治郎が寝てる横でコトを済ませていたという事実》
《子孫を残す本能に命掛けたんだろうね》《炭治郎のお父ちゃんが体弱かったって話は一体…。夜を頑張る体力はあるってことでOK?》

などと話題の中心になっていた。ちなみに父・炭十郎は「ヒノカミ神楽」を舞うための特別な呼吸を会得している。そのため一部では、呼吸でドーピングしていたのでは…という憶測も飛び交っていた。