f6610月14日は1981年にTVアニメ『うる星やつら』が放送開始した日。つまり2021年で40周年になります。



・『うる星やつら』アニメ放送40周年 クレームが絶えず、打ち切りの可能性も…



注目の作品というものは、その人気に比例してクレームの多いもの。本作も1話からラムの・があらわになるシーンがあるのですが、事前に局側から警告されたにも関わらずチーフディレクターの押井守さんは「大丈夫」と言って強硬、放送終了後にPTAなどからクレームがあったそうです。

ちなみにこの事実を押井さん本人は否定しています。


・うる星やつら




 この場面は原作マンガにもある重要な場面ですから、カットするわけにもいかなかったのでしょう。当時はビデオデッキを持っている家庭も少なく、シーンとしても一瞬だったので騒ぐほどのことはないと筆者も思っています。ところが、このシーンをピックアップ、コマ送りのような構成で誌面に掲載したアニメ雑誌が当時ありました。

 視聴率は20%前後で好調でしたが、いつも半裸の少女が登場している、登場人物が下品なセリフを言うのを子供がマネをする……などのクレームが寄せられて本作はフジテレビのワースト番組上位の常連でした。そのためか、いつ打ち切りになっても対応できるよう、クールの終わりくらいには最終回を思わせるエピソードが用意されたそうです。








・メガネが立ち食い蕎麦について熱く語る話とか、アマテラスの代役に本物のアマテラスが来てしまう話が好きでした。「半裸の少女が同じ年ごろと男と同居しているから不健全」という考え方の方が不健全に見えます。

・田舎だったので遅れて再放送で夕方からしか放送されなかったからこちらでは全く問題なし、と思っていたけど、やっぱり親同士の会話で問題視されていた事を思い出しました。
当時はイヤらしさとかの感情はなくただただ単純にラムちゃんのような子がいればいいなあと憧れに近い存在でしたね。

・日本だけでなく、世界中で見られてファンも多い。まぁ日本のアニメはそのくらい世界中で愛されている作品が多い。
主題歌、エンディング曲も多くて今聞いても・・・さすが昭和のアニメソングは素晴らしいと思う。
クレームがあった等は知らなかったなぁ・・・。

・牛丼屋で牛男が暴れるシーンとか、美術の授業でダチョウ追い回すシーンとか、ハチャメチャなノリが好きでした。
教室の掃除用具入れに入って「狭いよ暗いよ怖いよ〜」はみんなやってたし。

・うる星とめぞんがピークだったな。あたるのくずキャラが面白かった。らんま以降は主人公の少年が強くてカッコいいから、ラブコメ要素が強くなっていった。初期の頃のくせの強い少年キャラもう一度描いてほしいな。

・高橋留美子先生の懐の広さで上手くいった気がするなあ。あたるの件とか押井守のやりたい放題が通った件とか。
後の他の作品だが、これで原作改変が許されると思ったアニメーターに、原作がめちゃくちゃにされるという禍根を残してしまった気もする。
その反動か、ジョジョは忠実すぎるまでに原作どおりだったなあ。

・こういうものを何かと制限してしまうのは、自由な発想の妨げなんだけどね。子供への影響を懸念するなら親が教育しなきゃね。先生や他人任せでは、結局大した効果得られないんじゃない?子供は親の背中を見て成長するんですよ。放送局にクレーム入れる暇があるなら、きちんと子供と向き合って欲しいもんだ。

・割りと押井色の強い作品は原作ファンからは不評だけど自分は大好きだったよ。
例えばあたるに恋い焦がれていて想いを告げずに亡くなり幽霊になった少女の話はより深みの出た作品になったと思うし、何より「ビューティフル・ドリーマー」は傑作だし。
まぁ高橋先生からしたら押井さんの時期のアニメに複雑な思いはあってもしゃーないとは思うけどね。