fdrr庭の「森」状態は、城島が考えているより凄まじかったようで、道路標識が枝で見えない、電線が竹が引っ掛かっているなど、農業はともかく剪定の知識のない城島の手に負えず、それらは結果的に呼んでいたプロ剪定師と連携して刈り取るなど、予想外の大作業になってしまった。



・『笑ってコラえて!』城島茂出演企画が大荒れ?「洒落にならない」「利用されたのでは?」の声も



 本来、「〇〇さん、貸しますの旅」は芸能人が努力して依頼者の頼みを叶えるのがコンセプトであるはずなのに、プロの手が入りまくり、また森の生い茂り方が明らかに業者案件であったために、

ネットでは「始めから業者に頼めよ」「業者の仕事に城島が混じってるレベル」「バラエティ番組のロケ超えている」「道路標識が隠れているのは洒落にならない」「剪定代を払いたくない家族に利用されたのでは?」といった、この企画を決めたスタッフ側に対し、非難の声が相次いでいた。