rferrt「彼は希望を持って山形でアナウンサーに挑戦したはずでした。それなのに、入社してからまだ1か月もたたない時期に先輩社員から『死ね』というLINEが送られてきたんです。彼はその後も新しい職場で一生懸命働いていたのですが、入社3年目の今年、ついに限界を迎えてしまったんです…」・・



・深夜に先輩社員から「死ね」「逃げんなよ」「会社で待ってるからな!!」 山形さくらんぼテレビ社員を休職に追い込んだ“パワハラ地獄”



 こう語るのは今年4月から休職しているさくらんぼテレビのアナウンサーAさんの知人だ。

 さくらんぼテレビは山形県を拠点としたフジテレビ系列の地方局。今年で開局25周年を迎え、地方局としては珍しく中途でアナウンサーの正社員採用があるため、それを目指して入社する人も多い局だという。Aさんも、かつて抱いたアナウンサーという夢に再チャレンジし、見事狭き門を突破したひとりだった。

 しかし現在、社のHPに掲載されているアナウンサー7人のうちAさんを含めて2人が休職している。また、2年前には全社員約60人のうち4分の1にあたる15人以上の社員が一気に退職するという異常事態も起きていた。

 普通の企業では考え難い状況の裏には、社内で横行するハラスメントの数々があったという。文春オンラインはAさんの知人や複数のさくらんぼテレビ現役・元社員から、局内での過酷な勤務実態の証言を得ることができた。



・文春オンラインTV #103 山形さくらんぼテレビ社員を休職に追い込んだ“パワハラ地獄”