fgtt66店主の1日に密着したが、ADは店主から突然「おい!弟子」と呼ばれ、36番目の弟子を意味する「36番」と名付けられた。その日からADは、取材ではなく突然修業することになった。



・『オモウマい店』SP、「ドラマより感動」「伏線回収がすごい」と反響 滝沢カレンも「今年見たドキュメンタリーで一番」


・「オモウマい店」が話題になっている

・埼玉県滑川町のそば店を取材した番組ADが突然、弟子として修業する展開に

・修行VTRの前には、ADが別の店でそばを打つ映像が流れ、伏線となっていた

小麦粉1に対してそば粉10で打ったそば「外一そば」は5~10年打ち続けて、ようやく技を習得できるという。

 ADは打ったそばがうまく切れず「35点」と厳しい判定を受けたが、数日間にわたる住み込み修業の末に、5日目になると「80点」と高評価を受け「包丁の使い方が俺と一緒」「俺を超えているんじゃないか」と絶賛された。

 またそば切りだけではなく、そば打ちでも天性の才能を見せたADは店主に代わって一から十までそばを打ち、店主が大事にしていた作務衣も渡されるまでに急成長した。