667「警察が会いたがってるよ」
 9月21日のことだ。都内在住のAさん(60代)のもとに突然、実家に住む姉から一本の電話が入った。翌22日、Aさんは2人の警察官に会った。名刺には「世田谷一家4人強盗殺人事件 捜査担当 警視庁刑事部捜査第一課」と書かれているーー



・世田谷一家殺人事件 21年めの新展開!警視庁が異例の実名出しで所在を追う「焼き肉店のアルバイト店員」



 警察がAさんを訪ねてきたのは、現在40代とみられるHという男性の情報を得るためだった。

「私は当時、世田谷区内で焼き肉店を経営していました。Hはアルバイトとして厨房で働いていました」(Aさん)

 警察は、店の常連客からHに関する話を聞いて、連絡してきたという。

「その常連客は、『事件発覚翌日となる2001年の元日に、祖師ヶ谷大蔵の商店街で犬を散歩させていたら、Hが手に包帯を巻いて歩く姿を目撃した』と最近になって警察に告げたそうなんです」(Aさん)

「じつは事件の前後に、私は自宅にあった時計や現金を盗まれる空き巣被害にあったんです。被害額は数百万円です。現場には、サッシをバールでこじ開けて侵入した形跡がありました。私を訪ねてきた警察官2人は、その事件にふれ、『世田谷一家の事件と、この空き巣事件は、同一人物の犯行かもしれません』と言ってきたんです。

 思い返せば当時、私はよくアルバイトたちを自宅に呼んで飲み会を開いていました。Hもその一人です。警察は私の家に空き巣に入ったHが、同じように宮沢さん一家にも侵入し、事件を起こしたのではないかと考えているようでした」(Aさん)・・

・詳細はソース



・世田谷一家殺人事件





・この記事はガセネタだろう。
逮捕もしてないのに、ベラベラ警察が話す訳ないし、この記事をアルバイト店員が見て海外逃亡するかもしれない。
こういう記事は被害者家族を苦しめたり、当時の関係者が見て精神的な苦痛にならないかな?って心配になった。

・捕まえる前にこんな情報を出したら逃げられてしまうのでは?
犯人が生きているとすれば
何処かでコロナ給付金の10万も手にしていたとも思う。所在不明なら受けとる事はできないだろうし
実家も見当たらないとすれば
その頃に実家を処分したのかも知れないだろうし。
こんな情報流して大丈夫?

・先日も20年前の殺人事件の犯人が逮捕された。
初動の遅れとかはもうどうでも良いから、どんな些細な情報にも動いていって、解決につなげてほしい。

・この報道が正しい事と信じ逮捕を願いたいですが、何故ニュースとしてあげてしまうのか。
他の方も言うように犯人がこれを見たら逃げるでしょう。
報道が先に出てしまった時点で怪しく感じてしまう。

・私を訪ねてきた警察官2人は、その事件にふれ、『世田谷一家の事件と、この空き巣事件は、同一人物の犯行かもしれません』と言ってきた
警察がそんなことをベラベラ喋るわけがない。創作が過ぎるな。

・私も当時は学生。友人の家にも警察が聞き込みに来たという。解決を願うばかり。

・Hについて有力とあるが、捜査は多分今に始まったことでないと思う。DNAの取得があるとしても20年の年月もの間、居所つかめてないとなるとHの居所つかむのは至難じゃないか?

・これ本当の話し?数百万の空き巣被害受けたなら、部屋に入った事があるようなバイトは警察が全員を調査するはずだけど。しかも包帯の件とか不思議に思っていながら何で今更話ししてるの?って感じ。

・Bさんだって履歴書は残ってなかったと
思うが
Bさんの所在は週刊紙の取材でも判るのに
一番肝心のHの所在が警察が捜査しても
分からないのはなぜ?

・Hと言う男の存在が事実ならもうとっくに事情聴取しているんじゃないか・・・?
結局最終段階で白、決定的な証拠が無いのだろう