dsftttt11月30日、56歳をお迎えになった秋篠宮さま。この日、事前に行われていた記者会見の内容が公表された。



・秋篠宮さまが「記者会見」で小室圭さんを猛烈批判も、眞子さんには“必死のフォロー”



「大手の新聞社とテレビ局が所属する宮内記者会から事前に5問、その場で記者からアドリブで出された関連質問が3問、計8問にお答えになりました。話題の中心となったのはやはり、先日結婚された眞子さんに関連する事柄です。

“眞子さんの結婚が皇室に与えた影響”や“久しぶりに会われた小室圭さんの印象”や“ご家族でどのような話し合いをされたのか”などを問われました」(皇嗣職関係者)


・小室圭さん







・秋篠宮さま56歳の誕生日 眞子さん結婚について語る




 皇室としては、類例を見ない結婚を成就された眞子さんと小室圭さんの、それぞれに対する「秋篠宮さまのスタンスが明らかに違った」と、ある宮内庁関係者は指摘する。

「小室さんとの再会について殿下は“印象に残ることは特にありませんでした”と淡泊にご回答。さらに“夫の方については”と小室さんの名前すら出さず、金銭トラブルに関して“自分の口から話をして、質問にも答える機会があったほうがよかった”と、不満を漏らされていました。

 関連質問に対しても“この春に娘の夫が”と言及し、今年4月に小室さんが公表した金銭トラブルの経緯などを説明した文書に対するご意見を述べられたのですが……。

“確かに説明はした”と前置きされながらも“あれを読んでどのくらいの人が理解できるのか”“個人の考えとして、あれを読んですべての状況を整理して納得できるものではないと判断した”などと、猛烈に批判されたのです」・・



・秋篠宮さま誕生日「結婚儀式実施せず 皇室行事軽い印象与えた」



・“特権も手放したくないし、運命からは自由になりたい”という、国民の苦労を意識しない考えを秋篠宮家の方々が強調し続ける限り、風当たりは弱まらない

・とても残念な会見でしたね。
「国民に寄り添う」皇室といいながら
「国民が聞きたい」内容とは思えませんでした。

眞子様をかばうこと以外はのらりくらり、
小室夫妻と同じで「逃げ」の会見にみえました。

・納得できるものでないとの理解されていたならば、文章が出た直後にコメントしていただきたかったですね。

眞子さまに関しても司法試験に合格した後で、ニューヨークに渡ることを勧めたほうが良かったように思います。
現状で小室さんは仕事はされていますが、経済的に自立しているようには見えません。

・A家が天皇家になるなら令和で終わりとまで言う声が多いのに、いまだに家族そろって多くの人がなぜ怒っているのかわからず、炎上しているところにさらに薪だかガソリンをくべてる感じ。結婚の儀式をしなかったのは自分の判断って実は「よくやった」って言われたいのかな?
儀式を軽くみてないのであれば、なぜ天皇陛下の儀式にまるで無駄遣いのように言ったの?
実名を使うとダメとかで、すり抜けるためみんなMとかKKとかA宮家とか呼ぶしかないけど、そうやってどんどん皇室を安っぽくして、自分の首を絞めているのはまさにA宮家。

・娘の夫を猛烈批判なんかしてないよね。でも、

“特権も手放したくないし、運命からは自由になりたい”という、国民の苦労を意識しない考えを秋篠宮家の方々が強調し続ける限り、風当たりは弱まらないでしょう

これに関しては、本当にその通りだと思いました。

・自由に育てられたから自由に育てた。それがA宮家のすべて。立場も何も理解しないししようとしないで、深く考えることもしない。甘ったれて生きていけるからそれで充分です、と言っているようなもの。

・そんな姿勢だから、小室氏に付け入られるし、眞子さんからも甘く見られているのではないでしょうか。
もっと毅然とした態度で、駄目なものは駄目という態度を貫くべきでした。

・この親子が皇室や宮内庁を見る目を厳しいものにしてしまった。
この先ずっと。わかってるのかね。