f7888元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が、父の長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(85)と13年間にわたって絶縁状態にあることを初めて自ら明かした。11月25日(木)発売の月刊誌「ゲーテ」2022年1月号(幻冬舎)で、<父とは、もう13年会っていない>などと綴っていた。



・「父とは、もう13年会っていない」 長嶋一茂が月刊誌に綴ったミスターとの絶縁



 一茂は「ゲーテ」で、「…。ハワイに行けないから…書いてみた。」という連載エッセイを持っている。その第9回で「父との思い出」と題し、以下のように綴っていた。

<父とは、もう13年会っていない。

「お父様はお元気ですか?」と聞かれることも多いが、ずっと「父は変わらず元気です」という返事を繰り返してきた。会っていないというと話が長くなりそうで、面倒臭くなりそうで…嘘をついてきた>

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>
 見開き2ページのエッセイの終盤、一茂はこう綴っていた。

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>







 11月3日、スポーツ界からは水泳の古橋廣之進(故人)以来、2人目となる文化勲章を受章するなど、今も大きな存在感を見せる長嶋氏。一茂が自ら「絶縁」を公にした背景には何があるのか――。

 12月8日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」及び12月9日(木)発売の「週刊文春」では、一茂が綴ったエッセイの中身のほか、長嶋氏と一茂に深い溝が生まれた背景、商標登録や長嶋氏のグッズ売却を巡る問題、一茂と妹・三奈との「もつれた」関係、重度のうつ病を克服してタレントとして活躍する様子、一茂への直撃取材などについて報じている。






・親子だろうが会いたくない、会えないとか兄弟でも色々あるから分かる。
メンドクサイ兄弟は必ずいるし、親子や兄弟でも距離を置くのもいいかも
当事者しかわからないし。

・偉大な人が父だからこそ
恵まれた事もあるだろうけど
一般人にはわからない苦労もあったと思う
子側の一方的な言い分で
ちょっとぶっ飛んでる人だから
何を言っても批判的な意見が多いけど
本人なりの父子としての心の傷があるのかなって
ミスターだからといって
本当にいい父親だとも限らない

・何があったかは他人がとやかく言うことではないが、長嶋茂雄あっての一茂と言う事も忘れてはいけない。とにかく親が元気なうち、亡くなってから一切生前の話をしないのなら構わないがこれを週刊誌などに話し話題を提供するようなことは是非慎んでいただきたい。

・ミスターが脳梗塞で倒れた際に、保管されていた記念品や愛用品を本人に無断でにスポーツミュージアムに大量に売却したと報じられた時からこの男の方に問題があると言う印象を個人的には持っていた。勝手にナガシマ企画なんて名称も使って偉大な父を食い物にしているとしか思えない。自分の行動が絶縁の原因なのに非難めいた言い方はどうかと思うが?才能も受け継いでいるとは言えないし、親の七光りを利用してその名を汚すのはやめるべきだと思う。

・一茂氏がしばしば亡くなったお母様のことを「母親はいつも可哀想だった」と表現されてていることに、何かしら根っこの部分があるように感じることがあります。
しかし、話はそこらへんまでにしておいていただきたい。
お父様はやはり大スター。
わざわざ「会っていない」ことを詳にする必要はないと思います。

・一茂がミスターを許せないのは母親を裏切り愛人のもとへ走ったからです。
ミスターの記念品を売ったのも自宅に帰ってこない父親へのあてつけだと思います。お金が欲しかった訳ではないでしょう。
ミスターが脳梗塞で倒れたのも愛人といる時で、父親としてはどうしょうもない人だったんだと思います。
七光りかもしれませんが、ミスターが偉大なだけに明かせれていないことがあると聞きました。

・長嶋茂雄だからって神格化すんなって
親子関係は、どちらもいい分あるんだよ
一茂だけ一方的に悪者扱いすんな
長嶋茂雄もかなり問題ありだよ