fesrr俳優がドラマや映画の宣伝でメディアに出れば、作品を褒めまくるのが当たり前。ところが、1月15日に公開される映画『なん・なんだ』で主役を務める烏丸せつこが、公開前の映画をあちこちのインタビューでこき下ろしている。



・ベテラン女優・烏丸せつこ「そんな女、いるかっての」 主演映画をボロクソ批判!



 烏丸は1979年にクラリオンガールに選ばれ、抜群のスタイルでグラビア界を席巻しつつ、女優としても活躍。

2020年には朝ドラ『スカーレット』にも出演している。私生活では、不倫の末に結婚、離婚、自己破産、再び不倫を経て結婚と、波乱万丈だ。そんな烏丸だけに、自身の出演作についても妥協はない。


・なん・なんだ





主演作『なん・なんだ』について、

「(自身が演じた)美智子は、男から見た女なんだよ。しかもすごい古い。こんなだから、日本映画は駄目なんだよ」(朝日新聞夕刊 1月7日付)
「この映画には、気持ち悪いところがいっぱいあるんだよね。とにかく背景の設定に始まって、登場人物の関係性やかかわり方、ワーワーしゃべりまくるセリフに至るまで、ツッコミどころが満載っていうのかな」(デイリー新潮)

 と語ると、自身の役柄についても、

「そんな女、いるかっての」(デイリー新潮)
「気が合わないね」「はあ?『心と体は簡単に切り離せない』って、キモい」(朝日新聞)
「女はそんなことで執念深く恨んだりしないわ(笑い)」(日刊ゲンダイDIGITAL)

 とコメント。エンディングの演出についても、「数年後のシーンを蛇足で付け加えられていた。サイテー。行間で語るのが映画じゃないの?」(朝日新聞)と悪態をついている。


・烏丸せつこさん



・本来なら記事にもならないくらいの映画なのだから、こうして雑誌に取り上げられること自体、成功なんじゃないかな。炎上商法みたいなものです。本当に気に入らないなら、脚本を読んだ段階で断ればいい話だから。

・当然、これは女優からのエールと受け取るべきだろうな。
 そもそも脚本を読んで納得できない、気に入らない、なら出演のオファーを断るだけだ。撮影の途中でも、本当に嫌なら役を降りるだろう。パブリシティを得るためにことさら批判めいたことを言うという「作戦」かどうかまではわからないが、貶めているわけではあるまい。
 記事が言う「手厳しい批判」は、そう見えることは事実だったとしても、はたしてどうなのかな。

・話題作りと思えばいいのかな
かなり低予算の映画ですし
主役がこんなに否定的な映画の中身を知りたくなる人もいるでしょうね

・監督もスタッフも ゆとりT脇の長年の夢に付き合った、というところだろう
和田秀樹もゆとり同様ATGマニアで 道楽で映画を撮ったことがあった

・500万の予算って、スタッフ何人の組なんだ?
良く頑張ったと思うけど、予算無いのとセリフや演出はそんなに関係無いだろ。
予算無く、撮りたい絵の場所に移動出来ないとか、小道具集められ無いならあるかも知れんが、、、

・この人は本気で怒ってそうで怒ってないんだろう。昔のサウンドストリート聴いてた方なら、なんとなくわかるよね?

・この女優さんが自身が主演した作品を評価出来るほどの大物なのか知りませんけど
日本映画の感性が古いと言うのは理解できますね
若い人向けの映画が多く自演するアイドル俳優の人気でヒットするかが決まるので監督から照明 音声に至るまでの技術や才能なんて観客は評価しませんけど、日本映画がいまだにスマホで撮影するより悪い画質の映像とセリフが聞き取りにくい音声なのは評価する以前の問題ですけどね

・烏丸さんは昔はTVによく出ていましたね
あの人は今! 状態
映画出演あったのですね

・烏丸せつこが、久々に主演になれた映画を何とか売り込もうと必死ってことだな。
でも、主演俳優が納得してない映画って聞いたら逆に見る気失せる人が出てくることも考えた方が良かったかもな。