fdsfrrtr東京大にひとりのジャンパーがいる。内山咲良、現在医学部6年生だ。



・東大理三に現役合格のちインカレ優勝の内山咲良。「誰もやったことがないことをしてみせたい」と励んだ文武両道



 昨年9月の日本学生陸上競技対校選手権(インカレ)女子三段跳を制した才媛だ。彼女は今、2月の医師国家試験合格と、3度目となる6月の日本選手権出場を見据え、日夜、トレーニングと勉学にいそしんでいる。

 神奈川県出身の内山は、筑波大学附属中・同高(東京都文京区)を経て、東京大理科三類に現役で合格した。国内最難関と言われる熾烈な受験に挑みながらも、中学時代に都中学通信の女子走幅跳で入賞し、高校3年の時には同種目で全国高校総体(インターハイ)出場を果たしている。

 指折りの国立進学校から最高学府へと進んだ今も、内山はスポーツと学業の両方でトップを走り続けている。





・内山咲良さん











・本当に素晴らしい人です。勉強もスポーツもすごい。これから益々頑張って下さい。

・こういうのんです。
こういう心構えがすごいんです。
名前だけ東大理三とか追い求めてるんじゃないんです。

・基本頭の良い人って、何事も一生懸命だから、運動も勉強も両方できる人多いよね。
それでも東大に現役で合格しながら、インカレも優勝してしまうなんて、裏で相当な努力をしたからこそ。

・やっぱこういうの見ると、理IIIは幼少期からがんばってがんばって入るものではなく、天才がフツーにやっていて(とはいえそれは凡人からしたら驚異的な内容なんだろうけど)入るもんなのだなと思うね。そして入ってからもいわゆる「そういう人」がいっぱいいるから、仮に努力で入ったとしてもとても同級生に適うはずもないのね。ここまでくると悔しいとか羨ましいとか思うレベルじゃなく、ただただすごいって感じだね。

・こういう人は10年に1人くらいのレベルで出てくるよね。まさに天才。無論努力も死ぬほどしてるだろうけど、記憶力や読解力、短い時間にかけられる集中力の高さなどはやはり天性のものであることが多い。インハイ出場しながら理三入るなんて最高レベルの効率の良さが必要。凡人には不可能だけど、天才はそれをやってのける。
妬む感情は全くない。こういう人も世の中にはいるんだと、ただただ感嘆するばかり。

・「とくに勉強のほうは極めているのだろうかみたいな気持ちになったりして」
勉強面はまだ余裕や伸びしろが大きいんだと思う。日本はこんな若者が力を発揮出来る国であって欲しい。

・皮肉にも最近、その東京大学理科三類を志望していた高校生の犯罪があったけれど、この彼女の立派な文武両道、二刀流ぶりを知って、生き方、生活態度、勉強への取り組みを考えるきっかけになればよかったなあと思う。
そもそも高校2年で英検1級っていうのが凄いし、比較的苦手だった数学や物理に関しては、数学は失点しないくらいで良いとして、物理は捨てて生物に代えた、とか、色々受験戦略も感心するばかり。

・医学部はバイタリティが高いですよね。私の兄も高校時代は部活3つかけ持ちで医学部行ってすごかったけど、医学部に入ったら甲子園、インターハイ、花園出場とか経歴がすごい人がゴロゴロいたそうです。努力の天才が多いのかもしれません。