sf888サンリオのキャラクター・マイメロディのグッズに、マイメロディのママの言葉である「女の敵は、いつだって女なのよ」などがデザインされていることへの批判が集まり、発売中止になった騒動について持論を展開した。



・松本人志、マイメロディ「女の敵は女」騒動に持論「発売中止で手打ちが嫌」 議論の必要性を訴える



 松本は「結局こういうのって、発売中止になったらもう手打ちみたいになるのが僕はなんか嫌なんですよね、なんで停止にしたのか、なんで停止にしてほしかったのかを、もっとこの後議論していかないと。だから我々ってジェンダーの問題に関りづらくなっていく。正直めんどくさってなってしまうわけじゃないですか。そうならないために議論をしてほしかった」との思いを吐露。

 トラウデン直美は「普通の大人の判断で買う商品ならいいのですが、これって小さい女の子に人気で女の子たちは言葉意識せずに買うと思うんですけど、それを持ってることで無意識にジェンダーバイアスがかかってしまうていうことを今は言われている。擦り込みになってしまったらっていうことが言われてるんです」と指摘していた。




・23日の ワイドナショー