sdfrrtrtr札幌ドームで1月21日に行なわれた日本ハムの新ユニフォーム発表会見で、「ビッグボス」こと新庄剛志監督が主将・近藤健介の身体的特徴に言及した発言が物議を醸している。



・新庄剛志監督、選手への「ホクロ取ろうか」発言が“容姿イジリ”ではないかと物議



会見終盤で新庄監督が口にした“ある発言”については触れられていない。スポーツ紙記者は「新庄監督の発言はすべて話題になるので、できれば載せたかったのですが、新庄監督に批判が向き、今後の取材に影響が出かねない」と“お蔵入り”にしたという。

 問題になったやりとりは以下の通りだ。新庄監督は「コンちゃん、(プロ)11年目なんだ!顔が3年目みたいな顔をしているよね。若いよね」と称えると、近藤は「ずっとヒゲをはやしていたんですけど、今日の会見(前に)でヒゲをちょっと剃ってきました」と明かすと、「変えたんだ! そのホクロも取っとこうかな、今度」と発言。近藤は「ははは」と笑っていた。


・新庄剛志監督の会見





「今の御時世、容姿をいじるのはタブーです。新庄監督は身だしなみに人並みならぬこだわりがあるため、つい行き過ぎた発言をしてしまいます。就任後のコーチミーティングで、コーチ陣に白髪染め令を出し、『アレルギー体質で染められない人や白髪を気に入っている人もいる』と批判を浴びて撤回した一件も同様です。

 2月1日のキャンプインまであと1週間。新庄監督の一挙手一投足に注目が集まり、球界の話題を独占するのは間違いない。固定概念にとらわれないトーク力が大きな魅力ですが、野球ファンを失望させるような発言には気をつけてほしいのが本音です」・・






・醜形恐怖症なのか、容姿に対しての異常なこだわりがあるよね。
他人に対しても。
ダイエットとかはいいんだけど、自分の意志ではどうにもできない部分を指摘するのは共感できない。
新庄の人柄は好きな人が多いだろうけど、整形とかそういう部分は闇があるなと感じる。

・健康のために痩せるとか、相手のためにも最低限の清潔感を保つとかの
意味では新庄監督の外見へのこだわりは素晴らしいが、
それ以上の美醜に関するこだわりは普通の人間は人それぞれであり、
強要したり、安易に指摘したりすることでは無い。
非難とかではなく、新庄監督も気にかけて努力してひかえるべきである。

・今の時代、シンプルな力だけでは上にはいけない。
いい例が中嶋、高津、工藤監督など。
栗山監督もそうだったかな。
表立った批判は絶対にしないし、マスコミ対応も完璧。
それぞれのベクトルで選手から信頼されていた。
新庄監督も固定概念の打破など良い面も沢山あるし、
線引きはしてるだろうけどそれでも際どい発言が多い。
今は弱小チームのビッグボスだからと許されてるけど
優勝争いし始めたらそうはいかないはず。

・新庄よ。ホクロで野球するのか?
昔、ノムさんに言われた事、結局自分もしてるじゃん。
まあ冗談だったとしても、相手が傷つく事もあるから気をつけな。特に容姿に関しては。

・新庄の容姿いじりは今に始まったことではないでしょう
監督就任前のテレビ番組で太った人のことを人間として否定する発言も平気でしてますし

・整形を公言している新庄だからこそのジョークだろうが、ホクロ発言は俺も引っ掛かった。ホクロも親から貰った大事な身体の一部。コーチの白髪を染めろとか冗談混じりに言うのはいいけど、この辺にしておいた方がいいと思う。

・容姿イジリ云々はどうでもいいが、新庄と近藤って相性が悪そう。
そのギクシャク感が近藤の不調に繋がらなければ良いが。

・今はご祝儀相場がずっと続いていますが、いずれはこうやってボロが出始めると思う。