11227日午後5時25分ごろ、相模原市中央区上溝の病院駐車場の出口ゲート付近で、近くに住む看護師の女性(58)が自分で運転していた車のドアと車体の間に上半身を挟まれた。



・精算機前で自分の車が発進 女性看護師ドアと車体の間に挟まれ重体 相模原の病院駐車場



女性は意識不明の重体。  

 神奈川県警相模原署によると、女性は駐車場から出場しようとした時、精算機前で運転席側のドアを開けて身を乗り出し、ブレーキペダルから足が離れたとみられる。車はそのまま前進してゲート付近の機械に右側面が接触し、女性は車のドアと車体の間に挟まれたという。

 後続車を運転していた男性が119番通報し、ギアをドライブからパーキングに切り替えて停車させたという。






・気持ちはわかるけれど、
足の長さ考えたら、Pにしなきゃダメです。
絶対に足、ブレーキペダルから離れますよ。
後続車がDからPにしてくれて、
他の方に怪我をさせなかったのは良かった。

・清算機に適切に車を寄せられず、どうにか身を乗り出して清算処理をしようとしたのだろうが、あまりにも杜撰な行為だ。

・つい先日、ETCが使えない有料道路でもらったお釣りの10円を落としてしまい、ドアを開けて拾おうとしたら料金所の職員の方が拾っとくからこれあげるよと10円をくださいました。

・この件はドライバーのミスだろうが、駐車場の精算機って、もう少し使いやすくならないのかね?って、思う事が多い。

・クリープ現象で動き出した車のドアとボディの間に挟まったんだと思いますが
意識不明ということは
ドアとボディに挟まれたのは「体」ではなく
「頭」だったんでしょうね