ertet明石家さんま(66)が14日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を、厳しくも愛情を込めた言葉で悼んだ。



・さんま 上島竜兵さん急死に「一番嫌いな死に方をしたからね、ちょっとね、腹立っている」



 さんまは上島さんの訃報に「今週は我々お笑いの人間はね、受け止められないことが起こってしまったんで。ただまあ、受け止めてあげなきゃ竜兵がかわいそうやからな。受け止めてあげなしゃあないんやけれども」とポツリ。

 ダチョウ倶楽部との仕事現場での恒例のあいさつや、ゲストに来てくれた上島さんのエピソードを笑いを交え振り返ったさんま。一番の思い出は、六本木の街で酔っ払った上島さんが、客引きの外国人と「OK?」「NO?」「OK?」「NO?」といったやりとりするところを後ろでずっと聞いていて、その後、思いっきり頭をはたき「うわっ!師匠~」と驚く上島さんに「はよ、帰れ!」とツッコんだことだと語った。

 「ずっと竜兵の話をするわけにもいかんし」と早めにオープニングを始めたと語ったさんまは最後に「ただ本当に好きな芸人、後輩でね。好きな芸人の男が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立っているというのが事実です」と本音を吐露。無念の思いをにじませ、通常の番組コールを行った。