uy777元『SKE48』松井珠理奈が去る4月30日、体調不良により当面の間、タレント活動を休止することを所属事務所の公式ホームページを通じて発表した。



・芸能界引退か、需要はほぼない「どんどん態度がデカくなり、嫌われていた」常に精神は不安定



「11歳のときに『AKB48』のセンターを務めた逸材でしたが、強力なバックアップがあったおかげか、どんどん態度がデカくなった。そんな珠理奈に周囲の大人たちも振り回されっぱなしでした」と音楽業界関係者は語る。








現在、松井は女優の奈緒やタレントの橋本マナミらと同じ事務所に所属。

「事務所との関係は良好ではなかったようです。〝何で私がこんな仕事をしなきゃいけないの!〟とマネジャーに悪態をつくことも日常茶飯事だったとか。グループOGとしても、メンバーに嫌われていたので、他のメンバーの卒業コンサートに呼ばれることも、VTRでのメッセージを求められることもないでしょうね」と芸能記者。








SKEの中心メンバーになってからは、常に精神が不安定だった。もはや、芸能界での需要はほぼない。

初の1位を獲得した2018年の総選挙前のライブパフォーマンスでは、当時『HKT48』のエース級だった宮脇咲良をみんなの前で〝公開説教〟したといわれ、囲み取材で自慢げにそのことを吹聴して周囲を呆れさせていたと週刊実話webが報じた。