werewer山口県阿武町が新型コロナウイルス関係の臨時特別給付金振り込みに絡んで、計4630万円を誤って住民の男性(24)に送金し返金を拒まれている問題で、県警が4~5月、この男性から任意で事情聴取していたことがわかった。



・4630万円誤送金、山口県警が24歳男性を任意聴取 弁護士明かす



 16日、男性の代理人弁護士が明らかにした。

代理人によると、男性は問題が発覚した4月時点で県内の警察署に任意で出頭し、事情を説明。県警の要請に応じてスマートフォンを任意提出し、5月にも聴取に応じたという。

今後も聴取に応じるという。

 町は12日、男性に返還を求めて山口地裁萩支部に提訴している。





・男性は裁判応じる方針「お金は返せません」「使い切ってしまった」


山口・阿武町が、町民の24歳の男性に、コロナ関連の給付金4,600万円余りを誤って振り込んだ問題で、16日午後、男性の弁護士が会見した。

「警察の聴取や裁判にも応じる。だけど、お金は返せません」という会見だった。

男性の弁護士は、午後5時から、顔を伏せる形で会見を行い、「本人は4月段階で山口県内の警察署に任意出頭し、事情を全て説明をしている。今後も警察等捜査機関から要請があった場合、必ず事情聴取に応じる考え。訴訟にも対応する予定。現実的な問題だとして返還が難しい状態」と述べた。

そして、この「お金の返還が難しい」という弁護士の説明については、記者から、「使い切ってしまったということか?」という質問があった。

すると弁護士は、「おおむねその理解で正しいと思います」と答えた。

さらに弁護士は、男性は現在も連絡が取れる状態で、所在不明になった事実はないと話した。


・【速報】4630万円“誤振込”の24歳男性 警察が過去2回聴取 山口・阿武町





・【速報】4630万円 男性は裁判応じる方針 それでも「お金は返せません」



・逮捕されるのかどうか分からんが、既に氏名も公表されているしなあ。
どういうつもりだったのか当初から順を追って説明が聞きたいね。
それはそうとそんな大金が一人に振り込まれるようなミス。
担当者1人の責任にするのは酷だろうが、組織としてどういう仕事をしてたのか検証すべき。


・刑事事件にできるのか慎重に検討しているのだろう。
客観的に見れば、税金でしかも1世帯10万円支給するための原資であるものを、たまたま誤って1世帯全額振り込んだものなんだから、返すのが当然だし、そうしない以上、犯罪として立件しないと一般人は納得できん。


・回収できないと言られるが、当該男性は回収できるからこそ"一旦"「戻らない」と詭弁を弄しているのでしょう。ということは"ほぼ"「戻る」もしくは「利益が出なくする」ことは可能なのではないか?と思ってしまいます。
また、自ら進んで罪を償うと言うのは普通に考えて異常な事。こうした判断をさせてしまう法律に欠陥があるのは明白であり、合法的なネコババの方法が確立されてしまう前に、何とかするのが司法や立法府に国民が期待するところではないでしょうか。


・この方の人生、どうなってしまうのだろうか。どんどん都合の悪い状況に追い込んでしまって…。この先、何があっても、「僕は悪くない」の一点張りでしょうか。それはそうでしょうけど、何かのせいにしても、何にもならないのに。この事件以前も、きっと彼はそんなことを口にしてきたのでしょう。こういう性格ですと、周りが説得するのも非常に難しいそうです。


・警察が本人に接触できたことは良かったです。これで移したお金の行方や、容疑者の所在を把握できただけでも大幅な前進で、一部返金の可能性が出てくるからです。
社会正義に照らしても、こうした人間は逮捕、起訴して処罰して欲しいが、まずは説得して、あるだけでも町に返金させるのが先ですよね。


・刑事事件にするには罪を決めるのに相当裁判して争わないとならない、難しい事例だと、弁護士の方がテレビで言ってました。
詐欺罪、窃盗罪、占有離脱物横領などが考えられるそうですが、罪の重さがそれぞれ違うので、最高裁まで争う可能性もあるとのこと。
ただ、民事では町が勝てる可能性か高いので、民事裁判で返して貰う事が現実的でしょうか。その場合も、もうギャンブルなどに使って消えたとかになると、なかなか返して貰うのも難しくなるとは言ってましたが…。


・日本の役所のデジタル化の遅れは、コロナ感染防止対策の時から、保健所のアナログ対応で問題になっていた。今回の誤送付も原因はアナログ対応が1つの原因の様に報道されている。役所のミスは今後再発防止対策をしっかりして欲しいが、誤送金受け取り者が返還しないのを、逃げ得にしないようにしてもらいたい。どの様な理由があれ返さない場合は、本人に一生をかけて償わせることが最低限の対応でなければならない。


・この行方どうなるかね。
行政はミス
本人は金隠し
判例ができて
もし返さないような判決が出たら、
大変な事が起きます。


・この男性は何らかの罪に問われると思いますが、そのことはひとまず置いておきます。伝聞の情報ですが、この自治体では最近担当者が変わったとのこと、担当した地方銀行ではいまだにフロッピーディスクで情報を受け渡ししているとのこと、これだけでもかなり混乱が起こりやすそうな状況です。さらに自治体から該当地方銀行に交付者リストを渡して振り込みを依頼した。その結果、リストの一番目だけに全額振り込まれたと説明されても話が見えませんでした。デジタル化されていない行政が日本を混乱させている具体例ですね。


・誤送金額に弁護士費用を加算して返済を提訴?
誤送金分から正当給付金額と送金手数料を除いた分の金額なら理解できる。
それを正当に行った後に詐欺としての罰金などの請求を個人にじゃないかな?
弁護士費用や事務費用は担当者や上司などに請求するべきだと思う。