serte5今回の相談者は5年間偽名で恋人とお付き合いをしている女性。彼とはネットでの出会いで、会う前に本名を聞かれたため「まだ本名を伝える必要がない」と、とっさに “伊藤日菜子”と偽名を伝え、そのままに。しかし、彼が真面目で嘘が嫌いな性格なため、5年間も嘘を付いている自分に罪悪感が出てきてしまい、今回カミングアウトする決意をした。



・偽名で付き合って5年、本名を告白された彼氏の斜め上を行く反応とは?



まずは彼の住む大阪へ向かい、伊藤さんが彼を呼び出した。しかし待ち合わせ場所に向かったのは今回の担当探偵・カンニング竹山。竹山は『探偵!ナイトスクープ』で伊藤さんからの依頼を受け、待ち合わせ場所に来たことを説明した。

彼は同番組を知っており、伊藤さんに「何かある」ということを聞いても「今後も末永く付き合いたいと思っている」と怯む様子を見せない。むしろ「ここまでの事をして伝えることがあることが楽しみ」とワクワクした表情を見せていた。







「末永く……?!」と彼の気持ちを思いがけず知った伊藤さんは「引かれるんじゃないかな、どうしたらいいですか?」と喜びをかみしめつつも悩んでしまう。すると竹山は彼が同番組の視聴者であることから、番組の定番企画である「通天閣の上から叫ぶ」ことを提案。日ごろの悩みやうっぷんを通天閣の展望台から叫んで伝えるおなじみの方法だ。

彼が通天閣にやってくると、伊藤さんは「私は伊藤日菜子ではありません!」と叫び始めた。彼は思わず目を丸くしたものの、隠していた内容に対しては全く気分を害した様子はなかった。それどころか「むしろプラスアルファ! ネタが増えた」と、竹山も伊藤さんも想像していなかった感想を口にし、「これからもよろしく」と元・伊藤さんに向き合ったのだった。