sferew原作にストーリーが追いつかないように、あの手この手で尺稼ぎを行っているアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。5月22日に放送された第1018話では、“ドラゴンボール”じみた方法で延命が試みられていたようだ。



・アニメ『ONE PIECE』怒涛の尺稼ぎ! カイドウが2分半もサンドバッグ状態に...



原作とアニメの差がもっとも激しかったのは、冒頭のラッシュシーン。原作ではたった3ページほどだったが、アニメでは約2分30秒にわたってカイドウがサンドバッグにされている。その間、ルフィの叫び声とパンチのSEが流れ続け、合間にゾロ、ロー、キッド、キラー、ビッグ・マムが息を飲む表情が次々と映し出されていく。

あまりに露骨な尺稼ぎだったため、原作ファンたちも思わず苦言。SNSなどでは、《隙あれば時間稼ぎすんのやめろ!》《相変わらずテンポ悪い。同じシーンに尺取りすぎ》《アニメワンピース、原作追いつくからってめっちゃ尺稼ぎするなw》といった意見が上がっている。








周囲のキャラクターのリアクションによって時間を稼ぐ手法は、同じジャンプアニメである『ドラゴンボールZ』でもよく使われていた。そのため、《アニワンの戦闘シーン、テンポ悪すぎて往年のドラゴンボールみがありますね》などと皮肉を言うファンも。

また、第1018話では「ゴムゴムの猿王銃乱打」のシーンだけでなく、他にも尺稼ぎが行われていた。アニオリのシーンなのだが、カイドウの巨体が倒れていったところで、「鬼ヶ島」中に地鳴りが響くという描写が挟まれている。

島中が振動するほどだったため、各地にいる「麦わら海賊団」の一味たちや、ヤマト、モモの助、カイドウの部下たちは怪訝な表情を浮かべることに。その様子がじっくりと、2分ほどの時間を費やしながら映し出された。