esrfereボランティア活動で知り合った少女にみだらな行為をしたとして逮捕された男を、番組でヨイショしていたNHKに視聴者から厳しい目が向けられている。





・NHK「クロ現」が未成年淫行“トー横のハウル”をヨイショ! 事件後は“ダンマリ”の理由を質問すると…



(32)。小川容疑者は歌舞伎町の「トー横」と呼ばれるエリアで、清掃活動や炊き出しボランティアなどを行うグループ「歌舞伎町卍会」の代表を務め、「ハウル・カラシニコフ」と名乗っていた。警視庁は昨年11月以降、小川容疑者が20回以上、少女を自宅に連れ込んだとみて調べている。

 ボランティアを装った少女趣味の男を番組で“善人”のように取り上げたのが、NHK「クローズアップ現代」だ。2月22日放送の「『トー横キッズ』~居場所なき子どもたちの声~」で、ボランティア活動をする小川容疑者を「ハウル」として登場させた。


・ トー横のリーダー「ハウル・カラシニコフ」を逮捕








 放送後は番組公式HPに記者の「取材note」をアップ。取材したNHK記者は小川容疑者について、〈ブルーに染めた長髪にサングラス。見るからに怪しい雰囲気で、最初はこちらも警戒していて、取材するのはどうしようかというのが正直なところだった〉〈本名や年齢などは明かしませんが、4年前から歌舞伎町でホストなどをして生計を立ててきたといいます。

週末になると、手作りの食事を無料で提供しています〉〈援助交際をしている少女に対して、「このままだと一生カモにされるかもしれないよ」と厳しい言葉で諭す姿も何度も見た〉と書いていた。




「クロ現はトー横キッズの取材に1カ月近く費やしたそうです。最初は記者が“ハウル”の怪しさを警戒していたのに、まんまと騙された挙げ句、小川容疑者をまるでヒーロー扱いして放送してしまいました。小川容疑者が『少女たちにお酒をすすめていた』という目撃談もあります。NHKは何を取材していたのかと呆れてしまいます」(捜査関係者)

 NHKは小川容疑者の逮捕後、クロ現の公式HPに「その後の取材に基づき、6月22日、記事を修正しました」と小さく“お断り”を書き、小川容疑者についての記事を全て削除してしまった。小川容疑者が登場した回のクロ現は、放送批評懇談会の「2月度ギャラクシー賞月間賞」も受賞しているため、これから放送関係者からNHKの報道姿勢に疑問の声も上がりそうだ。