gy655タレントのほんこんさんに、誤った内容のネット記事をツイッターで拡散されて名誉を傷つけられたとして、作家の室井佑月さんが550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。飛沢知行裁判長は、ほんこんさんに11万円の賠償を命じた。





・ほんこんさんに賠償命令 ツイートめぐり室井佑月さんの名誉を毀損



 訴状などによると、ほんこんさんは2020年5月、愛知県内の会社が製造する「日の丸マスク」をめぐり、「室井佑月らの中傷で日の丸マスクが製造中止に」と題するネット記事を、タイトルとともにツイッターで拡散。同じ日に「何故(なぜ)こんな事(こと)を」などのコメントをつけて再び投稿した。

 その後、元の記事は削除され、ほんこんさんの投稿も削除された。

 室井さんは同年2月、「日の丸マスク」は政府が発注した製品だと誤解し、ツイッターに政府批判の投稿をしたが、その日のうちに誤りに気づいて削除し、謝罪していた。ネット記事には削除済みの投稿が引用されていたという。

 訴訟で室井さん側は「マスクを中傷したり、中傷で製造中止になったりした事実はない」と指摘。社会的評価が低下したとして、賠償を求めていた。