eter決勝リーグ進出を決めたのは、12月2日のスペイン戦。だが、この試合開始は日本時間の朝4時で、多くの国民にとって見づらい時間帯となってしまった。








・フジテレビ“サッカー日本代表戦”で大やらかし! 放送事故に「やばすぎ」



そこで、試合の放映権を持つフジテレビは、同日午後0時45分から再放送したのだった。

しかし、これに国民から、怒りの声が寄せられることに…。

この放送は一部にインサート映像を挟むなど、わずかな箇所ながら再編集を行ったバージョン。これにより、ファール判定の数秒後にホイッスルが鳴るなど、映像と音声に酷いズレが起きてしまったのだ。








中には試合の根幹を揺るがすレベルのズレも目立ち、国を背負った国士の姿を、しっかりと国民に伝えようとしなかったフジテレビ。

日の丸への敬意を全く感じさせないこの姿勢に、ネット上には

《20秒くらい時差あって草》
《音ズレやばすぎてYouTubeの無断転載動画みたいになってる》
《音ズレ酷すぎだろ フジテレビ何してんの》
《フジテレビ大失態…スペイン戦で音ズレ発生中…なにやってんの?》
《4時に起きなかった奴にはこれでええやろってか》
《音が先なのか遅れてるのかすらわからんくらいズレズレ》

など怒りの声が相次いだのだった。









「フジの反日スポーツ報道は、山ほど前科があります。2008年3月、フィギュア世界女王となった浅田真央へのインタビューでは、なんと浅田が転倒したシーンの等身大パネルを置いてインタビュー。同年12月にも、優勝した浅田を叩き、準優勝のキム・ヨナを異常なまでに持ち上げています。

また、この時の表彰式では君が代をカットしていたにもかかわらず、翌年のキム・ヨナ優勝では、韓国国歌をノーカットで流しました」(保守系雑誌編集)

次の対クロアチア戦も、放映権を持つのはフジテレビ。しかし、これでは全く期待できそうにない。