r54654甲賀土山サービスエリア付近です。非常に長い車列が続いています」・・








・【速報】新名神下りで多数の車が“立ち往生” 「吐き気がして気分が悪い」40代男性から通報も 救急車到着できず 三重・滋賀県境



どこまでも続く大型トラックなどの車列。

大雪の影響で、三重県と滋賀県の間の新名神高速道路では、渋滞で動けなくなった車が複数台あるということで、消防が、気分が悪くなった人の対応などに追われています。

新名神は三重県の四日市JCT~亀山西JCT間の上下線や、滋賀県の甲賀土山ICから三重県の亀山JCT間が通行止めになっています。








NEXCO中日本や三重県警高速隊によりますと、午後1時現在、この下り区間の中で動けなくなった車が複数台あるということです。

三重県警高速隊によりますと、土山SA付近で、NEXCO西日本と滋賀県警が滞留車両の誘導を始めていて、午前11時半時点で周辺はおよそ10キロ渋滞しています。

亀山市の消防本部によりますと、午前10時40分ごろ、滋賀県の土山SAから甲賀土山ICの間で、車に乗っていた40代の男性から、「積雪による渋滞に巻き込まれ、吐き気がして気分が悪い」という119番通報があったということです、

渋滞のため、現場には救急車が到着できていないということですが、消防はこの男性とは 頻繁に連絡をとっていて、男性の意識ははっきりしているということです。