7665765問題となっている動画はおよそ4年ほど前に撮影されたというもので、現在Twitterなどを中心に拡散。







・くら寿司、動画の迷惑客が特定される!はま寿司のわさび客もインスタが特定され大炎上



動画内に映っているのは複数の若い男性客(おそらく4人組と思われる)で、そのうちの1人はサッカーのヘディングの要領で皿を回収ボックスへと入れるなどの行為に及んでおり、撮影者の隣に座っている客は、自身が食べていた寿司を再びレーンに戻すといった迷惑行為に及んでいるのす。

「抗菌寿司カバー」と呼ばれる、丸いカバーが施されている「くら寿司」。

そのカバーをものともせずにレーンに戻し、客たちは楽しそうにゲラゲラ笑っているところで動画は終了します。








Twitterで動画が拡散されたことがきっかけによりくら寿司も状況を把握したということで、「決して許される行為ではありません。現時点では、警察にも相談して厳正に対応することを社内で決定しています」などと、4年前の動画ではあるものの厳正に対処をすることを示唆していました。

4年前といえば、日本では新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク着用の習慣が根付いておらず、拡散されているくら寿司の動画でも、迷惑客の動画に関してはマスクをしていない素顔が移しし出されています。

そのため、動画の内容から既に迷惑客はネット上では特定されており、個人名や学校名、くら寿司の利用店舗なども明かされていました。





今年1月7日頃、インスタグラムのストーリーズには「おいしそうだったのでたべちゃいました。#人の注文 #はま寿司」というキャプションと共に、若い男性客がレーンに流れきた他人の寿司と思しき寿司を一貫食べるという動画が拡散。

その際、若い男性客は「シーッ!」と、人差し指で唇を抑え静かにするようなジェスチャーを行なっています。




また、1月9日頃には「他人握りわさび乗せ」というキャプションのもと、レーンに流れてきた誰かが注文をした寿司にわさびを乗せるという動画がインスタグラムのストーリーズに投稿され、これがTwitterに転載され炎上しました。

2つの動画とも「はま寿司」での動画であり、迷惑をかけた若い男性客は店舗に謝罪。




しかし、「はま寿司」を運営するゼンショーホールディングス側は「到底許されるべき問題ではない」として、警察当局に対して被害届を提出する予定であることを明らかにしています。

一方、はま寿司の場合もくら寿司同様に、インスタグラムのアカウント名がはっきりと映った状態でネット上に拡散されており、結果的に特定される形に。

こちらも、学校名や居住地などの情報も拡散されるなどの二次被害が発生しています。