dSuXUpWaeqA13日・中山競馬場・第15回 中山グランドジャンプ 最終障害。
この日、最も大きな拍手が沸いたのは、飛越の成功時ではありませんでした。レース中の落馬により放馬したゴールデンガッツが最後の直線に置かれた最終障害の手前で膠着。その時点で馬群は勝負どころの3コーナー付近まで迫っていました。このまま馬がやってくると衝突してしまいます。これはマズい!



と思った瞬間、内馬場あたりにいた係員が脱兎のごとくダートコースを横切り、柵をくぐってコースに入り、馬をつかまえて外に退避させました。
まさに危機一髪! スタンドから大きな拍手が沸き起こりました。レースが不成立になりかねない事故を未然に防いだ係員は、職務として咄嗟の判断で動いたのでしょうが、これは金一封モノではないでしょうか。

ダートコースを全力で走るスピードはシルクフォーチュンの末脚よりも速かったですね。テレビには映らず、現場の観衆のみが目撃した光景です。 (2ちゃんねるより)

競馬 J・G1 2013年 第15回 中山グランドジャンプ 最終障害 空馬アクシデント 現地撮影