meteor今年2月にロシアに落下して大きな話題となった隕石、その一部がとうとう回収されたのだそうで、映像が上がってきています。



関連記事: 衝撃、ロシア上空で隕石が空中爆発し数人が負傷。落下の瞬間を複数のカメラが捉える

幅1.5メートルの岩は、まず水面下の段階で特別の包装が施され、岸までけん引された。だが、重さを計るためにロープやレバーを使って岩を持ち上げた際に、数個の塊に割れてしまった。さらに、巨大な重量計に置いたところ、570キロという数値が重量計に表示された時点で今度は重量計が壊れてしまった。作業に当たった科学者は「全体では600キロは超えているだろう」と話している。

国立チェリャビンスク大のセルゲイ・ザモズドラ氏によると、2月に落下した隕石の破片としてはこれまで見つかった中で最大で、「過去に見つかった隕石の中では10本の指に入る大きさの可能性が高い」という。 (記事引用元: AFPBB News

超ロングバージョンはこちら Russian Meteor Recovered: Giant chunk lifted from lakebed


2月に落下した隕石の引き揚げ作業 ロシア・西シベリア(13/10/17)