8546244アトレティコ・マドリーのMFガビ・フェルナンデス選手が、サラゴサに所属していた2011年5月のレバンテ戦で八百長があったと、スペイン汚職対策特別検察に認めたという。八百長を認めた試合でサラゴサの監督を務めていたのがハビエル・アギーレ、日本代表監督・・・



警察の調べによると、サラゴサはチームの10人以上に1人12万ユーロ(約1640万円)をボーナスという名目で入金していたという。
アギーレ監督は、1日に行われた代表メンバー発表の記者会見では八百長疑惑について「報道で初めて知った。まったく心配していない」と否定していました。

詳細は(source: フットボールチャンネル - ガビ、サラゴサ時代の八百長認める。当時の指揮官はアギーレ。日本代表へ影響出る可能性も

YouTube版  【アギーレ監督】2010-11 レバンテ vs サラゴサ【八百長疑惑】