8589585飲酒後に公用バイクで交通取り締まり現場に向かい、業務に当たった埼玉県警の若手署員が書類送検される。仕事の悩みから出勤途中に酒を飲み始め、2カ月後には勤務中にも手を出すまでにエスカレート。事件当日は500ミリリットル入り缶酎ハイ6本を空けていたという。



宿舎の自室で晩酌をしていた男性巡査は、深夜になっても酒を飲み続けていた。短時間の睡眠を経て、二日酔いの状態で宿舎を出て歩いて署に向かった。
向かった店内のドリンクコーナーで手に取ったのは、3本の缶酎ハイだった。署に着くまでに1本を飲み終えた。これが、男性巡査の最近の通勤風景だった。

詳細は(source: 産経ニュース - 酎ハイがぶ飲みで取り締まり 勤務中にも酒を買い足した男性巡査の末路