8697679スーパーボウルでオンエアが予定されていた、ウェブサービス会社「GoDaddy」のCMが物議。
ピックアップトラックから1匹の小犬が外に投げ出されてしまう。子犬はやっとの思いで飼い主の家にたどり着く。女性は喜びでいっぱいの笑顔で子犬を抱き上げるが・・



そして女性はiPadの画面を示しながらこう言い放つ。「だって、GoDaddyで作ったサイト経由であなたはもう売れたんだもの~」。そして子犬は運送業者の車に乗せられ、最後には「GoDaddyでドメインをゲットしてウェブサイトを作ろう」。

「ひどいCMだ。残酷すぎる」「なぜこんなひどいCMを作ったのか謎だ」。CMがウェブ上で出回ると瞬く間に非難の声が殺到。この反応を受け、GoDaddyのCEOはCMの放送を中止する声明を発表・・・

詳細は(source: livedoor ニュース - 米ウェブサービス会社「GoDaddy」の子犬売買CMに非難殺到

予備  GoDaddy Super Bowl 2015 Puppy Ad