8867651尖閣諸島を日本領と記した19世紀後半の英国、ドイツ製地図が現存していることが明らかに。いずれも日清戦争(1894~95年)前の地図で、中国側の「日清戦争を通じて、日本が尖閣を奪った」とする主張を覆す資料がまた新たに見つかった。



長崎純心大の教授が調査発見した。19世紀当時、世界最大級の「スタンフォード地図店」が1887年に発行した「ロンドン・アトラス」と、ドイツの地図製作の大家、アドルフ・シュティーラー氏が1868年に製作した「ハンド・アトラス」の2枚。

尖閣諸島・久場島を示す「Hoapin-su」の西側に「……」との点線が引かれていた。約1年かけて他の資料と付き合わせて調べたところ、点線は領土・領海の境界を示しており、地図上では、久場島を日本領と認めていたことが判明した。

また、1868年の地図「ハンド・アトラス」も同様に、久場島の西にラインが引かれ尖閣諸島は「日本領」として、沖縄と同じ色分けがされていた。

詳細は(source: 産経ニュース - 「尖閣日本領」欧州の地図 日清戦争より前、中国主張を否定する資料

中国、尖閣諸島に近い沿岸部に海警局の大型基地建設計画