8944631住まいを省エネ化する際、まず注目すべき点は「窓」。日本人にはおなじみのアルミサッシ。驚いたことにアルミサッシが主に使われている国は、先進国では日本だけ。ドイツや北欧はもちろん、アメリカや中国、韓国までもが樹脂製、あるいは木製サッシが主流になっている・・



アルミは軽くて耐久性があり、安いという点では確かに便利だ。しかし、熱の伝えやすさは樹脂や木製の1000倍以上なので、暑さや寒さの対策としては最悪な素材となる。これまではメーカーの都合でアルミサッシが重視されてきた。

省エネ住宅の部材販売を行っている男性 「私が販売している木製トリプルサッシの性能は、一般的なアルミシングルサッシの3倍以上あります。

値段は倍以上するのですが、光熱費という点でも元は取れます。結露なんてまったくしませんし、何より温度変化が少なく快適だというのがいいですね」・・

(source: ハーバービジネスオンライン - 日本人だけが知らない「サッシで省エネ」の秘密

高性能断熱樹脂サッシ「ドイツの窓」エーデルフェンスター