9014354香取慎吾さんが主演を務める三谷幸喜監督の新作映画「ギャラクシー街道」。
「三谷作品といえば、随所に笑いが散りばめられていたり、終盤に向けて伏線が回収されていく面白さが特徴です。しかし、鑑賞した人の感想によると」・・・



芸能ライター 「今作は笑いどころが少ない上に下ネタが含まれているため、家族で見るのは厳しいという声も。ネット上では『最低最悪な映画』という声や、
三谷ファンからも『ひいき目に見てもつまらない』と非難轟々で、レビューサイトなどが大荒れしている状況です」

映画動員ランキングでは1位に初登場したが、見た人からは「クソ映画だった」「今まで見た映画の中で1番つまらなかった」などと、酷評が相次いでいるという・・

(source: インフォシーク - 『ギャラクシー街道』、「最低最悪作」と大荒れ! 主演・香取は「ドラマも民放最下位」の窮地

「ギャラクシー街道」予告