9088129武豊は4人兄弟の三男として生まれ、父武邦彦は騎手から調教師となり、弟幸四郎は現役のJRA騎手として活躍している。親族には牧場経営者もいるなど、まさに「競馬一族」の中で育ってきた。だが、この親族こそが、スターである武に影を落とす要因となってしまっている・・・



2000年に実兄である長男の武伸氏が覚せい剤取締法違反で逮捕。伸氏はフリーライターとして毎日新聞にコラムを掲載するなど活動していたが、「超がつく勝ち組である弟・武豊に対する妬み」を理由に覚せい剤に手を出してしまった。

さらに03年、父の邦彦氏のいとこ武勇氏が経営する牧場で、武勇氏が葬られる事件が起きた。犯人は見つかっておらず、事件は迷宮入りとなっている。

そして11年には、弟である武幸四郎騎手が飲食店で客と口論になり傷害事件へと発展。頬骨を骨折して4カ月の休養となった。武豊本人は直接事件を起こしていないものの、ここまで身近な人間が事件に関与することはまれだ・・・

(source: エキサイト - 「実兄が覚醒剤所持で逮捕、親戚は惨殺…」武豊、スター騎手の知られざる闇とは

2013年第80回 日本ダービー キズナ×武豊の真実