9088743「大沢さんと喜多嶋さんが離婚してから、長男のAくんは2人の関係に“翻弄”されてきた。そのなかで、『アメリカで暮らしたい』という夢を叶えられる安住の地をやっと見つけて、落ち着きはじめたころだったんです。しかしその矢先に今回の訴訟が起きた」・・・



Aくんの知人 「Aくんは口頭弁論が行われた10月8日の直前に、一人暮らしをしていたロサンゼルスの家を飛び出し、姿を消してしまったそうです。
ロスの自宅を飛び出し、日本に向かったと聞いています。いてもたってもいられず、裁判が行われた日本に来たのではないでしょう」

かつて大沢は同居していたAくんに対して、本誌インタビューでも『僕のところに来てくれて感謝』とも語っていた。それなのに――。

喜多嶋舞の知人 「Aくんの同意はなく、大沢さんがなかば“強制的”に行ったと聞いています。18歳になったら、喜多嶋さんは再鑑定に応じる意向もあったそうです。それを待たず強引な提訴に、喜多嶋さんも憤っていたようです」・・・

(source: 女性自身 - 大沢樹生の長男 “非情”裁判直前にLAの家飛び出し姿消す

関連リンク: 西川史子、大沢樹生の実子騒動は「誰の得にもなってない」