9090208この数年、日本人は1台のクルマに長く乗るようになった。少なくとも2000年くらいまで、普通の人で2回目の車検が乗り換えタイミングだったと思う。しかし・・・



しかし最近の状況を見ると驚くばかり。車齢10年など当たり前。皆さん「欲しいクルマがない」と、10年以上経ったクルマに乗り続けている。
なぜか? いくつか理由はある。まず「性能的に進化していない」というもの。なるほど10年前のクルマを見ても、最新のクルマと機能的に変わらず。

そもそも欲しくなるような魅力あるモデルが減っている。新型車はエコカーやコンパクトカーばかり。趣味というより、道具としてのクルマが大半を占める。また、日本車の耐久性は素晴らしい。10年12万kmくらいなら全く問題なし。

クルマを乗り換える人に聞くと「飽きたから」みたいなケースは少数派になってしまった。「さすがに世間体が悪くなってきたので」という感じ・・・

(source: エキサイト - なぜ日本人はクルマを買い換えなくなったのか?

エボ5 vs GSXR1000 峠バトル