9095715忘れもしないですよ。あれは1996年の2月でした。僕ら電撃ネットワークは95年12月からの約2カ月間、ドイツの13都市で50ステージを超えるツアーを行ったんです。会場はどこも超満員。ステージの合間を縫ってテレビにラジオ、雑誌や新聞の取材もこなしてね。しかし・・



そして、迎えた帰国前日。プロモーターにこう言われて、僕らはホテルへ帰ったんです。「明日、ギャラの精算をするから」

翌朝スキップしながら、プロモーターの事務所へ行きました。そうしたら、なんと事務所はもぬけの殻。誰もいないどころか、スタッフの身元が分かるような書類も一切なし。最初、部屋を間違えたかと思いましたよ。

帰国の飛行機の出発時間も迫ってくるし、モタモタしてたら帰れなくなっちゃう。だって僕らが2カ月間もらってたのは1人1日30ドルの食事代だけ。

結局、僕らをダマした一味はトンズラに成功。電撃ご一行と日本人スタッフは、締めて2000万円以上のギャラ全額を取りっぱぐれになっちゃった。

追い打ちをかけるように悲惨だったのは、帰国後ですよ。ドイツツアーのギャラを当てにして仕事はまったく入れてなかったし、ギャラが未払いになったからと泣きついても、すぐにテレビに出たり舞台に上がれたりするワケじゃない・・・

(source: 日刊ゲンダイ - ウハウハから一転 電撃ネットワークを襲った「ドイツの悲劇」

電撃ネットワーク(TOKYO SHOCK BOYS )LIVE@旅祭~World Journy Festa~